2018年10月にスタートしたキッズ英語サロンが1周年を迎えました。開講当初から学んでいた我が家は、キッズ英語サロン歴1年。1年生だった娘は現在2年生です。

今では10分×3、4日でこなしますが、挫折しそうになったことが何度もあります。娘が泣く、喧嘩する、2ヶ月以上溜める…。振り返ると、私のやり方に問題がありました。

改善を重ねてたどり着いた今のやり方で、一番大切にしているのは『続けること

今回は、キッズ英語サロン歴1年の我が家が導き出した『キッズ英語サロンを続けるコツ』をご紹介します。

一周年を祝うケーキ

1.使える英語の4技能が学べるキッズ英語サロンとは?

キッズ英語サロンとは、英語の4技能(読む・聞く・書く・話す)を親子で学ぶ通信講座です。

読み書きができるようになったらスタートできます。(推奨年齢は小学生~)

1ヵ月に4回、毎週木曜日にテキストがリリースされます。金額は3980円/月(つうしんこうざ受講生は割引制度あり。)

2.キッズ英語サロンの内容

キッズ英語サロンにはGrammar(文法)、Phonics(フォニックス)Collocation(コロケーション)+English×○○○があります。

その他に、My own Picture Dictionaryと、月に1回『キッズサロンdeナイト』という子供たちの発表の場があります。

下記に内容をまとめました。

Grammar(文法)

説明をしている写真

Grammarでは文法を学びます。説明やワーク含めて大体6ページ。

アットホーム留学プロデューサーマキ先生(以下マキ先生)から親への説明動画あり。(短くて約7分、長い時は約20分。約20分は、4週間分をまとめて説明した方が分かりやすい時だけ。)

Phonics(フォニックス)

フォニックスでは『英語の発音』と『文字(つづり)』を結びつけるためのルールを、実際に発音しながら学びます。

毎週1つの『音』を取り上げて、マキ先生が娘さんのojojoと発音している動画(5~8分)を見ながら親子で発音&音探し。意外と娘の方がひらめくので、私は負け気味。

Collocation(コロケーション)

マキ先生親子の写真

Collocation(コロケーション)では、よく一緒に使われる単語の組み合わせを実際に発音しながら学びます。

毎週1つの『単語』を取り上げて、マキ先生とojojoが身振り手振りを交えて寸劇♡している動画(5~8分)を見ながら、親子で発音。我が家もマネして楽しんでいます。

English×○○○

英語で『○○○(何か)』をして、楽しみます。例えば、英語×『絵しりとりクイズ』、英語×『絵描き歌』…等。

月1くらいの頻度。娘にとっては特別感があるようで、喜んでやっています。

My own Picture Dictionary

ノートの写真

ノートにお題の絵と、その説明文を書いて、オリジナルのイラスト付き辞書を作る取り組み。

残念ながら我が家は停滞中…。

2019年11月後半から再挑戦中です!詳しくは、挫折して分かった!英語以外の力も伸ばす『My own Picture Dictionary』の5つの効果をどうぞ。

キッズサロンdeナイト

Zoomを使って、月に1回開催しているオンラインミーティング。

子供たち or 親からの英語についての『お悩み相談』へのマキ先生からの回答と、『Show and Tell』の時間があります。

3.入会前に抱いていた疑問とその答え

考えているイメージ

入会前、挫折しないで続けられるかな…?等 いくつかの疑問がありました。1年間続けて分かった、私なりの答えを書きます。

1日10分、本当か?

最近はあまり気にしていなかったのですが、実際に計ってみたら10~15分でした。

印刷orノートどっちがいい?

テキストの写真

私は、必要なページだけカラー印刷しています。(大体10ページ)印刷した方が進み具合が把握しやすいので。テーブルに置いておくと、子供から「英語やろう〜!」と言ってくれます。

ノートは、私が見本を見せる時や、『ノートに書いてみてね!』と指示がある時に使っています。

教えられるか?

マキ先生が動画で詳しく説明してくれるので大丈夫。一緒に見てもいいのかも…?娘は、説明が長いと飽きるタイプ。私が先に動画で理解しておき、ワークをやりながら短く説明しています。

文法はこれから何度も出てくるので、気楽にやっています。私たちが中1で習ったことを思えば、すぐに理解して覚えられるわけが無いですよね。まずは触れることから始めればOK!

嫌がらないか?

うつむいている女の子

嫌がるのには理由があります。それにどう対応するかで状況は変えられます。

①褒め言葉を使い、強制はしない
②臨機応変に対応する
③ゴールを明確にする

この3つを意識して対応するようになってから、嫌がることが減りました。例をあげて説明します。

①褒め言葉を使い、強制はしない

・書く場所が間違っている時

以前は「場所が間違ってるよ!」と何度も書き直させて、娘が泣いてしまうことがありました。慣れない英語に挑戦しているのに、ダメ出しばかりされたら泣きますよね…。

今は「よく書けてるね!」と褒めてから、「ここはもうちょっと下かな?」と書き直しの誘導はしますが、強制はしません。そっか!と分かればOK!

②臨機応変に対応する

・落書きが始まった時

落書きをしている写真

以前は、「今は英語の時間!」と強制終了させて、よく喧嘩になっていました。

今は、落書きが始まったらWhat’s this?What are you drawing?と声をかけつつ見守ります。区切りがつく→絵について娘と話す→次に進もうか!という流れにすると、お互いに気持ちよく次に進めます。

・集中力がない時

不貞腐れた態度の娘を「なにその態度!せっかく一緒にやってるのに!」と頭ごなしに怒っていました。

今は、やる気がなさそうな時は、2つ書く所を1つだけにする等 臨機応変に対処しています。そして、できたらとにかく褒める。すると「こっちもやる!」と急にやる気になってくれることも♡

③ゴールを明確する

どこまでやるのか分からないと嫌になりがち。『今日はここまでやる』という区切りを、一緒に決めてから始めるようにしています。

溜めてないか?

実は、夏休み前に2カ月分以上溜めた我が家。バタバタしているうちに、やらないことが日常になってそのまま…。

対処方法は…?

ひまわり

夏休みにやりました!親子でやる通信講座なので、溜まったら連帯責任。怒れるわけないですよね。

「こんなに溜まっちゃったよ~。」と現物を見せて「どうしよう?」と相談したら、「夏休みに頑張れば大丈夫だよ!」とのお言葉をゲット♡

一日の分量を決めて、ひたすらやる!全部終わる頃には毎日やる習慣がつき、娘に合ったやり方が見つかりました。今のやり方を生み出せたのはそのおかげです。

もし溜まってしまったら、長いお休みを使って挽回&習慣化しながら、『我が子に合ったやり方』を見つけてみてください。

4.キッズ英語サロンを挫折せずに続けるコツ

森林

挫折せずに続ける為には、親も子も無理せず、穏やかに学べる環境を整えることが必要です。我が家は下記の3点を見直しました。

時間の変更

以前、宿題後にやっていた時は喧嘩が頻発していました。集中力が限界の娘と、早く終わらせて夕食にしたい私。最悪の組み合わせですね。

現在は、夕食後がキッズ英語サロンの時間。お腹が満たされて気持ちに余裕があり、お風呂にはすぐ入れないので、のんびりと消化しながらやっています。

分量の調整

我が家の1週間分のテキスト進め方は、

①文法(前半)10~15分
②文法(後半)10~15分
③フォニックス+コロケーション 約15分

の合計3日間。
English×○○○があると4日間。

組み合わせを替える等 試行錯誤した結果、結局この順番に落ち着きました。

習い事の日はテキストはお休み。つうしんこうざの7フレーズを使ったり、普通の会話を質問で広げる等 別の形で英語を取り入れてます。無理はしません。

これは娘に合わせた量なので、お子さんに合った分量に調節してみてくださいね。

状況に応じて取捨選択する

現在、My own Picture Dictionaryが停滞中の我が家。絵を描くのは好きだけど、自由に描きたい派の娘にはどうも食いつきが悪い…。

それもOK!それが彼女の特性だと受け止めています。キッズ英語サロンは書く、描く、音、リズム等 五感を使った様々な要素を取り入れているので、興味がある所から進めれば良いと思います。

無理にやって英語を嫌いになってしまうより、親子で楽しんで継続することが一番大切だと考えています。

ハートの絵

子供の興味やペースに合わせて調整できるのは、親子で学ぶメリットです。後から興味が出てくることもあるし、アプローチの仕方を変えたらやる気になる可能性もあります。

状況に応じて取捨選択しましょう。我が家も、冬休みに再トライの予定です…!

5.まとめ

1年間紆余曲折がありましたが、改善を重ね『キッズ英語サロンを続けるコツ』を見つけることができました。子供が成長していく様子を、すぐ近くで感じられるのは親子で学ぶ特権ですね。

継続は力なり。これからも『続けること』を大切にして、親子で楽しく英語を学んでいきたいと思っています。

アットホーム留学は、親子の会話の中に英語を取り入れることで、英語力と共に、会話力・表現力・発想力・コミュニケーション力など『これからの時代を生き抜く力』を親から子へと手渡すことができます

・つうしんこうざ(親→幼児〜)
・キッズ英語サロン(親&小学生〜)
・しつもん力セミナー(親→子供)
・アイデア力セミナー(親→子供)

上記4つのコンテンツがあり、お子さんの年齢や学びたい内容に合わせて自由に選ぶことができます。

下記の無料小冊子に詳しい説明がありますので、よかったら確認してみてください。

PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像

Comments

  1. […] キッズ英語サロンについては、もう挫折しない!親子で学ぶ通信講座キッズ英語サロンを続けるコツもどうぞ。 […]

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
shiho
shiho
家族:小2の娘(りー)、夫(単身赴任中)
アットホーム留学をはじめて、今まで見逃していた娘の良さをたくさん発見できました。親子関係も改善し、応援し合える仲良し親子に♪ずっと続けていきます!
PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像