一般のママだから書ける!ホンネで伝える親子英会話メディアサイト、mamash(ママッシュ)

ここに集まるライターさんたちは、みんな・・子育てや英語に悩んだことのある、ごく普通のママ。そんなママたちがアットホーム留学(注)に出会って親子英会話を自宅で取り入れながら、たくさんの悩みを少しずつ解消してきた、そんなリアルな親子の英語の取り組みや葛藤が載っている、世の中どこを探しても他にはない、感動と気づきがいっぱいのサイトです。

ブログを書いた経験もなければ、SNSで自分を発信することすらなく、「見る専」だったママたちとは思えないほどの文章力とメッセージ性に、私も日々感動しています。

注)子どもたちが世界どこででも、自ら「Hello!」と話しかけられるようになる!
今までになかった英語楽習 アットホーム留学。

学ぶ側から発信する側に変わったことで、おうちの親子英会話が当たり前になったパフォーマーの紹介

英語を学ばせたいが、価格、先生、レッスン内容、人数などで折り合う場所がなく、子供によかれと思っての行動が、自分の気持ちを子供に押し付けているような気がして「本当にこれでいいのか?」と悩んでいたが、アットホーム留学に出会い、パフォーマーになったことで、英語へのアンテナを常に張ることができ、それが子供にも自然と伝わって、子供の英語への好奇心が高まりました。仲間から常に英語への刺激があることも嬉しいです。(Shiho 茨城県 9歳女の子のママ)

子供との日常会話への不安や悩みと、そこに英語力と合わせてコミュニケーションの土台を作るにはどうしたらいいのかわからず悩んでいましたが、アットホーム留学に出会って、とにかく親子の会話が楽しくなりました!子育ては何かセミナーを受けたら解決するものでなく、それを毎日の実践にどう生かして続けていけるか、だと思います。パフォーマーになったことで、子供と親子(英)会話を意識するし、その会話の振り返りもするので、学びが深まりました。(Eri 千葉 4歳、2歳男の子)

洗濯を干す子供

子供たちの将来に英語は切り離せないものになってくる中で、具体的にどうやったらおうちで楽しんで英語を取り入れられるのかについて、手探りで探していましたが、本や教材でもうまくいかない。週1英語教室も何か違う、と悩んでいました。アットホーム留学に出会って、英語だけでない、親子時間のシアワセをたくさん感じることができるようになりました。英語が苦手は変わりませんが、そんなとこを飛び越えて英語への意識が常に持てるようになりました。(Miki 大阪 6歳、4歳女の子)

正しいより楽しいを、難しいより「今すぐ置き換えてできる」英語が学べるサイトへ!

プロの英語講師や英語コンサルタントによるサイトは多々あります。が、英語が得意ではないママたちにとって、プロの話は「正しく」てもつまらない。「的確」でも難しい。だから結局使えず終わることがほとんどです。だけど、ママたちが、悩んだ経験、工夫した経験、失敗した経験を赤裸々に伝えてくれると、自分ごとのように共感できたり、我が家でもやってみよう!って思えるんです。なので、mamashでは、英語の専門性よりも、親子で英会話を体現し続けるママたちに関わってもらってます!

 

まずママが背中を魅せて行こう!

子どもに英語を話せるようになって欲しかったら・・・
臆せず使えるようになって欲しかったら・・・
英語を使って、果敢にたくさんの人とコミュニケーションを取れるようになって欲しかったら・・・

上手下手ではなく、できるできないではなく、まずママが背中を魅せていきませんか?

このmamashでライターとして活躍することで、常に子どもたちと英語に取り組む意識がつきますよ!

英語に・子育ての悩みを解決して、おうち英会話を楽しく実現させているパフォーマーのご紹介

はじめは楽しんでいた英語を子供たちが嫌がるようになり、また毎日時間に追われて、家で英語をやる余裕がありませんでした。アットホーム留学に出会って、子供たちが英語を嫌がらなくなり、子供たちと指示・命令ではない、会話のキャッチボールができるようになりました。(Aya 東京 8歳男の子、7歳女の子)

 

英語が苦手な私が子どもたちへどうやってこれから必要とされる英語を取り入れれば良いのかわからず、子育てについてもこれでいいのかと正解を求め心の隅でいつも不安でした。アットホーム留学に出会って、子どもたちの素敵なところが以前より格段に見えるようになり、日々新たな一面を発見できたり、些細なこと言動にも感動するようになりました。(A.W. 埼玉 9歳男の子、4歳女の子)

英語に慣れ親しんでもらいたい、という漠然とした思いを持っていましたが、目的や方法などが不明瞭で、中途半端な状態が長く続いていました。声を大にして言いたいのは、親子の心の距離が確実に縮まりました!それまで離れていたわけではなかったけど、子供の興味に関心を寄せる事で、より子供のことを知れるし、親子時間が豊かになったと思います。(川村朋子 埼玉 7歳女の子)

親子の会話が英語のリアル教材に!

子どもたちが世界どこででも、自ら「Hello!」と話しかけられるようになる!
今までになかった英語楽習 アットホーム留学。

自分の子どもたちのために学び続けることができて、同じ意識を持った仲間が全国にいて、何より親子の(英)会話が確実に豊かになっていく。

そんな環境で、英語に子育てに悩むたくさんのママたちに、愛ある英会話を一緒に届けていきませんか?

 

全国、全世界、どこに住んでても、仕事をしててもちょっとSNSとかに出るのが苦手でも大丈夫!

詳しくは、Zoom説明会で、アットホーム留学プロデューサー サンシャインマキが具体的にお話します!


CTA画像

Writer

この記事のライター
事務局
事務局
家族:アットホーム留学ファミリー
親子の英会話で子どもたちの未来に必要な英語力が身につく! 今までになかった英語楽習「アットホーム留学」
CTA画像