単語と文法は知ってるのに、英語が口から出てこない…。こんなこと、ありませんか?基礎英語力はあっても英語を話せない日本人が多いのはなぜでしょう?

答えは簡単、『英語で自分の意見を伝える』練習をしてきていないから。やってないからできない。当然の結果ですね。

英語を自己表現の手段にする一番の近道は、練習すること

我が家の小2の娘は、キッズ英語サロンを1日10分・8ヵ月間続けた結果、自分の思いを英語で表現できるようになりました。本日は娘にどんな変化があったかをご紹介します。

なぜ表現力が必要なのか

話し合い中の人たち

表現力とは、自分の「思い」や「考え」を伝えたい相手に分かりやすく伝える力です。

黙っていても気付いてもらえるのは子供のうちだけ。大人になるにつれて問題を自分で解決する必要が出てきます。そんな時、自分の思いを伝えることができればアドバイスを貰う、協力を仰ぐなど問題解決に繋がります。

家庭、学校、職場…たくさんの人たちと関わり共に生きていく上で、表現力は絶対に必要な能力ですね。

英語を学びながら表現力を鍛えよう!

テキストの写真

アットホーム留学キッズ英語サロンには自分の思いを表現するワークがたくさんあります。

始めのうちは、『自分だったら?を考えて自由に書いてみよう!』とテキストに書いてあるのを見て、「どういうこと?わかんない!」と戸惑っていた娘。

『例をマネして文章を作る』と『自分で文章を作る』は全く違いますよね。考えても思い浮かばない。解けない悔しさでイライラ。10分で終われない日もありました。

それでも毎日続けていくうちに、「この問題好き!自分で考えるの得意だもーん!」とまで言うようになりました(笑)

自分の頭で考えて思いついたアイデアを英語で表現する。文法を学びながら、考える力と表現力もつくなんて一石三鳥ですね!

必要なのは英語を使って自由に表現できる場所

アットホーム留学では、ママと子供が実際にコミュニケーションをとりながら、子供にとって一番安心できる家庭で英語の表現力を伸ばしていきます。

さらに、キッズ英語サロンでは毎月1回オンラインで開催の『キッズサロンdeナイト』があります。マキ先生や他の受講生とリアルタイムで交流できる時間です。

そして、キッズサロンdeナイトには『Show and Tell』という希望者が好きなことを自由に発表できる場所があります。

これが本当におすすめ!娘は大好きな『こびとづかん』のキャラクタークイズをしました。

発表中に自撮りした写真です。パソコンの画面には受講生の方々が写っています。(30名以上)

本番前まで何度も何度も練習。こんなに夢中になっているのが英語だなんてびっくりです。

「Show and Tellのどこが好き?」と娘に聞いたら、「みんなの発表を見るのも楽しみだけど、自分が発表する時はめちゃくちゃ楽しみになる!」との答えでした。

発表する場所があることで、「英語を使って伝えたい!」という気持ちが芽生え「私もあんな風にやりたい!」と同世代の子からの刺激でますますやる気に。

また、親子で英語を学ぶ仲間が日本中にいると感じられる時間は、私にとってもは大きな励みになっています。

英語・考える力・表現力を伸ばす練習を続けていくことが、英語を自己表現の手段にする一番の方法です。これを続けていったら…?考えるだけでワクワクしてきますね。『親子で1日10分』これからも続けていきます♪

アットホーム留学は、親子の会話の中に英語を取り入れることで、英語力と共に、会話力・表現力・発想力・コミュニケーション力など『これからの時代を生き抜く力』を親から子へと手渡すことができます

・つうしんこうざ(親→幼児〜)
・キッズ英語サロン(親&小学生〜)
・しつもん力セミナー(親→子供)
・アイデア力セミナー(親→子供)

上記4つのコンテンツがあり、お子さんの年齢や学びたい内容に合わせて自由に選ぶことができます。

下記の無料小冊子に詳しい説明がありますので、よかったら確認してみてください。

PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像

Comments

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
shiho
shiho
家族:小2の娘(りー)、夫(単身赴任中)
アットホーム留学をはじめて、今まで見逃していた娘の良さをたくさん発見できました。親子関係も改善し、応援し合える仲良し親子に♪ずっと続けていきます!
PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像