突然ですが、皆さんはお子さんにどんな力をつけてほしいと考えていますか?教育改革や大学入試改革を受け、学校の授業や試験でも自分で考え発表する機会が増えてきました。教わったことを丸暗記し、知識や情報を試される時代は終わりに近づいています。

これからの時代は、答えがないものに対して自分で問題を発見し解決していく力、すなわち、今はないものを生み出す創造力が求められています。そして、翻訳の技術は高まっているものの、人と人とのコミュニケーションではやはり生きた英会話力が必須。

けれど、学校や教育は時代が求めている形にはすぐには変われません。それを待っていたら、子どもはあっという間に大きくなってしまいます。そこで子どもが幼い時から、小学生、中学生になっても、家庭で英会話力も創造力も育めるとしたら…一石二鳥だと思いませんか?

今日は、現在私が受講中の子どもの英会話力と創造力を同時に伸ばせる「アイデア力セミナー」をご紹介します。

1. アイデア力セミナーの魅力

このアイデア力セミナーでは、幼児から中学生のママまで、子どもの年齢も性別も様々なママが集まっています。どのママも意識が高く、どうやったら家庭で子どもと楽しく英会話力と創造力を伸ばせるかを真剣に考えて取り組んでいるので、毎回とてもよい刺激を得られます。

セミナー講義では、英語の語彙の増やし方、子どもと取り組みやすいゲーム、創造力を広げるアイデアの出し方など、英語を絡めながら、親子で発想力や創造力を高めていく会話ができる方法をたくさん教えてもらえます。ただ講義を聴くだけでなく、実際に受講生も参加してワークに取り組むので、ママ自身も新しい発見や気づきを体感できるセミナーになっています。

そしてこのアイデア力セミナーは、先生からの講義だけでなく、受講生によるプレゼンテーションがあります。各家庭での取り組みや気づきを紹介するこのプレゼン、前述したように受講生の子どもの年齢も性別もバラバラですが、我が家流に置き換えたら?というヒントとなるアイデアばかり!

今回は、中1&小2の女の子のママ、Kさんが発表されたプレゼンの内容を紹介しながら、アイデア力セミナーの魅力をお伝えしていきたいと思います。

前回のセミナーでのAyaさん(小3男子&小1女子ママ)のプレゼンを紹介した記事、「子どもの英会話力と創造力を同時に伸ばせるアイデア力セミナーって?~Vol.1」もぜひ併せてご覧ください。

2. プレゼン紹介:Kさん親子の取り組み

英語を使って人物紹介

Kさんは、中1&小2の女の子のママです。英語を、会話を、もっともっと親子で楽しみながら思考力、会話力を共に育んでいきたいという目標を持ち、アイデア力セミナーを受講されています。そして今回のセミナーでは、お子さんの好きな映画を題材にして、楽しみながら英語表現を広げることができた取り組みをプレゼンでシェアしてくださいました。

普段おうちで親子英会話を楽しんでいるKさん親子ですが、中1の娘さんは中学校に入って勉強英語を経験、定期テストで×(バツ)をもらい、文法としてはきちんと理解できていなかったところがあることに気づき、勉強英語の壁にぶつかっていました。

そこでKさんは、勉強は勉強でがんばってもらいたいけれど、英語の楽しさは引き続き感じてほしいと、娘さんの好きに寄り添って英語を楽しめるアイデアを思いつかれました!

それは、1ヶ月で10回以上見るほど大好きな映画を題材に、「映画の登場人物達を英語で表現してみよう」というものでした。

~What is 〇〇 like?~

ーnice guy の登場人物には・・・
イケメンは英語でどう表現する?など、親子で話し合ったり調べてみることで、いろんな表現に出会えたそうです。

ー美人のキャラクターには・・・
beautiful  の他の表現は?gorgeous、lovely、fabulousなど

ーkind (親切な)の他の言い方はあるかな?
否定語のun、unselfish にも触れられ、否定語や接頭語など、語彙を広げることができました。

小2の下の娘さんも一緒に楽しめたとのことでしたが、今度は下の子の好きなアニメでもやってみたいと話されていました。色んな言葉に笑顔で会うことができた、と話されていたのが印象的でした!

3. プレゼンから得たアイデアを我が家流に

ゲームのキャラクター紹介

Kさんのプレゼンからヒントを得て、我が家では息子二人が好きなゲームのキャラクターについて、とことん聞いてみることにしました!

まずは中2長男バスケボーイから。我が家ではこんな会話が弾みました♪

私:What is your favorite character?
バ:Bee!
私:I see! Is that a boy or a girl?
バ:A girl. She is cute!
私:Oh, please show me. Yes, she is cute!

見せてくれたキャラクターはハチの着ぐるみを着ていました♪

私:What “Bee” can do?
バ:She can… 2回目に「針の一撃」っていう長い射程の攻撃ができる!2回目の攻撃力が高い!他のキャラにはない!
私:I see, it’s her original attack!
バ:あと、それは通常攻撃だけど、必殺技もすごい。

「ハチの大群」「ロイヤルゼリー」「ハニーコート」とか、ハチにちなんだネーミングの必殺技や状態があるそうです!普段口数少ないバスケボーイが、画面を見せながら、操作しながら、実際に攻撃しながら、熱く語ってくれました!

バ:スキンを変えられて、てんとう虫ビーとかメガビートルビーにも変身できる!ほら!
私:ホントだ!スキンって言うんだ(笑) 「肌」だもんね!わ~てんとう虫!メガビートルはクワガタの着ぐるみ着てる!面白~い!その中でも”ビー”が一番好きなんだね。
バ:そう!
私:Why do you like ”Bee” the best?
バ:Because she is cute and strong!

 

小5次男釣りボーイにも、同じように好きなキャラクターを聞いてみました。

彼にも好きなキャラと、好きな理由、特徴がそれぞれあって、

What is your favorite character?
Why did you choose him?
What kind of feature does he have?
Why do you like him?

などなど、英語を交えて、好きなキャラクターとその理由を詳しく聞くことができました。

今回、Kさんのプレゼンからヒントを得て我が家で実践してみた結果、自分が好きなもの、好きな理由について聞かれるのは、子どもにとってとても楽しいことなんだなと改めて感じることができました♪

息子二人とも、自分が好きなもの、その理由、特徴、について分析し、自分の言葉で語る機会を持てました。これはアイデア力セミナーの講座内容にも関わりますが、自分の意見を述べたり、さらにアイデアや創造力を発揮していくためには、まず物事を理解し分析し・・・といったステップが必要です。

次は、もし自分で好きなキャラクターを作るとしたら?どんな名前?どんな姿・形にする?特徴は?どんな攻撃ができる?必殺技は何?ということも聞いて、さらに発想力や創造力を広げていきたいと思いました!

 

このように、Kさんのお子さんは中1&小2の女子と、我が家(中2&小5の男子)とは年齢も性別も違いますが、Kさんのプレゼンには我が家に置き換えられるヒントがたくさん詰まっています。Kさんがされたことを同じようにやるのではなく、我が家なりの方法に置き換えられるアイデアが得られるのが、このアイデア力セミナーの魅力です!

他の方のプレゼン内容も分かる下記のアイデア力セミナーレポート記事もぜひ併せてご覧ください!

4. アイデア力セミナーの入り口

このアイデア力セミナーを行ってくださっているかさいゆう子先生(ゆう先生)は、シングルマザーでワーママ、小2の男の子ママです。普通に考えると、毎日忙しすぎて時間がいくらあっても足りない!そんな状況だからこそ、子どものとの会話の時間や英語の時間をいかに確保するかを日々考えて、実行されています。

そんなゆう先生のセミナーは、あったかくて絶対に否定されない安心安全な場所。先生の海外経験や幅広い情報も交え、毎回楽しいセミナーとなっています。日常生活を送りながら、親子の(英)会話を通じて子どもの英会話力と創造力を伸ばせるアイデア力セミナー。自分だけでは出せないアイデアがここにはあります!どれもこれも、英会話を意識しながら家庭の日常生活で取り組めるものばかり!

ご興味を持たれた方は、まずは下記から個別相談を!あなたのおうちにピッタリ合った英語の取り入れ方、お悩みを解決する方法を教えていただけますよ♪

シングル・フルタイムママ直伝!かさいゆう子先生の
子どもが自発的に行動できるようになる親子の「ダンドリ英会話」

 

このセミナーの魅力はまだまだあります!続編もぜひご覧ください♪
「子どもの英会話力と創造力を同時に伸ばせるアイデア力セミナーって?~Vol.3」

CTA画像

Comments

  1. アイデア力セミナーって何?
    →説明が難しいと思っていましたが、この記事を読んで、そう、それ!

    ワークや皆さんのプレゼンを通して、自分が気づいていなかった新しい視点に気づく「AHA」体験がすごく楽しかったです。
    そういう視点をいくつも持つことで、子どもとの関わりがより楽しくなるんですよね^^

    かずよさん親子の会話と関係性が好きです。
    私も子どもたちが思春期のときにこういう風に関わりたいと思います。

    • コメントありがとうございます♪
      自分一人であれこれ考えていても、新しいアイデアや方法が思い浮かばなかったり、どうしてもマンネリになりがちだったりしますよね。

      でも、「親子英会話」をカギに集まったメンバーの様々なアイデアから、たくさん新しい視点を得ることができ、まさに「AHA」体験!毎回得られる新たな刺激がやみつきになります♪

      うれしい言葉もありがとうございます♡ 思春期男子は手強いところもありますが、根底に愛とこれまで育んできた親子関係があれば大丈夫かなと思っています^-^

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
きむら かずよ
家族:中3長男(バスケボーイ)、小6次男(釣りボーイ)、夫の4人家族
アットホーム留学に出会い親子の会話が変わりました。ここから幸せな親子が増えていくこと間違いなし♡たくさんの親子に愛ある会話と幸せを届けたいです!
CTA画像