9月7日発売「令和のベストヒット大賞 2020年度版」『社会に寄与する注目のサービス&ビジネス』部門に、「アットホーム留学」が掲載されました!

令和ベストヒット大賞掲載記事

「令和のベストヒット大賞 2020年度版(Mr. Partner BOOK 役立つブックシリーズ)」掲載記事 株式会社ミスターパートナー発行

会話力が抜群に伸びる、今までになかった英語楽習「アットホーム留学」が、まさに令和時代にふさわしい、新しい英語教育であることが証明されたのだと思います。

そんな「アットホーム留学」って、いったいどんな英語教育なのでしょうか?

1. 常識を覆す英語教育「アットホーム留学」

アットホーム留学は、今までの常識を覆す英語教育!世間一般の英語教育とは全く路線が異なっています。その大きな相違点は3つあります。

アットホーム留学プロデューサー サンシャインマキ先生が掲載の喜びと共に語った、他の英語教育とアットホーム留学との3つの違いはこちらの動画から!

①学校や英語教室では学べない、「親子の会話」の中で学ぶ英語

一般的に「英語」と聞くと、教科というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか?アットホーム留学の英語は、学校や英語教室で学ぶような「教える」英語から離れ、毎日の親子の会話が全て英語の学びになります!

親子の英会話では、自分の感情を伝えたり、考えを聞いたり、子どもにやる気の出る声かけをしたり、褒めたり、相槌をうったりと、実際にいろいろな英語表現を毎日の生活の中で使うことができます。これこそまさに生きた英語!

家庭で英語を話そう!親子の会話が弾む相槌【一言英語フレーズ7選】(shihoさんの記事)

②英語が苦手なパパ・ママでも、すでに英語嫌いな子どもでもできる環境

でも私、英語が苦手だから…話せないから…子どもと英会話なんて無理!と思い込み、「英語は外で学ぶもの!」と、考えていませんか?英語が苦手でも大丈夫!それを上回るメリットが親子英会話にはあります。

子どものことを一番よく理解しているパパ・ママだからこそ、子どもと楽しめる英語がある。子どもに寄り添える英語がある。だから、子どもにとって一番楽しく安心して英語を学べるのは、パパやママと一緒になんです。

そして、すでに英語を嫌いになってしまった…苦手意識を持っている…そんな子どもにも、「アットホーム留学」は最適です!「アットホーム留学」だから作り出せる英語環境があるのです。(詳しくはこのページ末からダウンロードできる小冊子をご覧ください)

“勉強”が苦手な子供に合ったおうち英語の取り入れ方 #1 親子英語とお絵描き(Ayaさんの記事)

③英語をツールとして人間的に成長できる

「アットホーム留学」では、英語はあくまでもツールです。英語を教える・学ばせることが目的ではなく、英語を通じて親子の愛を深め、子ども達が自分の想いや考えを伝えられるようになることを目指しています。人間として成長していく過程にある一つのツールとして、英語をとらえているのです。

そのため、親子で一緒に学ぶウェブコンテンツの他に、悩みや各家庭での取り組みをシェアするオンラインコミュニティや、子どもの「英語力」「思考力」、さらに「英会話力」「創造力」を伸ばすためにママ達が学ぶセミナーキッズイベントもあります。(詳しくは記事末をご覧ください)

自己肯定感を育むShow &Tellへの挑戦  #1「英語は苦手」を超える魅力(aoiさんの記事)

2. 令和時代の今こそ「アットホーム留学」で英語学習

アットホーム留学タウン紹介

2020年、令和2年の今年は、新型コロナウイルスの影響で社会の価値観や生活様式が大きく変わってきています。自粛期間も長く、家族と一緒に過ごす時間も増え、家族の大切さを再確認した家庭も多いのではないでしょうか。

令和時代は、物理的な人と人との対面や接触が今までより少なくなるかも知れません。けれど逆に、人と人とのつながりや親子の絆が深まる時代になると言えるでしょう。(「withコロナ時代の新しい親子英語学習の場!日本一あったかい親子英語コミュニティ!」

日本人は「英語が苦手」「英語が話せない」、自分もそう。そんなコンプレックスを抱いている人が多い事実があり、だからこそ子どもに英語を話せるようになってもらいたい、使える英語を身につけてもらいたい、そう考えるパパ・ママが多いかもしれません。

でも、英語は子どものためのものだけではありません。大人になってからでも、何歳からでも学び直せます。子どもと一緒に学べば、これほど楽しいことはありません!

子ども達にとっても、どこかの英語教室に通うより、家でパパ・ママと学ぶ英語、パパ・ママと話す英語の方が何倍も楽しく、身につきます。英語が苦手なパパ・ママでも関係ない!むしろ子どもの苦手な気持ちが分かって、+になりうるとも言えます。

・英語を教科として「学ぶ」、よりも親子で「楽しむ」
・親子で共に成長していける

それが「アットホーム留学」の英語楽習です。

①我が家のアットホーム留学事例

英単語が書けた息子

我が家の中2長男バスケボーイ・小5次男釣りボーイも、かつて英語教室に通わせていたことがありました。週1回のレッスンに、バスケボーイは行くのを拒否することも多く、送り出すのがやっと…釣りボーイは行くのを嫌がりはしなかったものの、特に楽しみにしている様子もなく…なんとか1年間通いましたが、二人とも実は何も学んでいなかったという悲しい過去があります。

ところがアットホーム留学を始め、家庭の中に英語が当たり前にある生活で、二人とも英語に対して前向きになってきました!最初は家での英語に拒絶反応を示した釣りボーイも、アットホーム留学スタイルを続けることによって英語に対して拒絶反応がなくなりました。

そしてフォニックスを親子で一緒に学び始めて、少しづつ私と学んでいく英語を楽しみ、small step ながらも着実に英語が読め、書けるようになってきました。

②他の家庭のアットホーム留学事例

英語学童に行っていた子が、おうち英語を選択し、親子で英語を楽しんでいる家庭があります。

英語学童をやめた理由と休校明け前に気づけた大事なこと

英語の本を読むのを拒否していた子が、自ら読むようになった家庭もあります。

「英語の本は読まないで!」と言った小学生が、自分で英語本を読むようになった秘訣

親子英会話が日常化して英語が自然に飛び出すようになり、親子関係もよくなった家庭もあります。

アフターコロナ 親子英会話が自然に飛び出す秘訣

この他にもたくさんの事例があります。ぜひmamashサイトの他の記事もご覧ください。気になるキーワードやタグから検索することもできます。

3. アットホーム留学コンテンツ&まとめ

このたび、令和のベストヒット大賞に掲載いただいたことで、よりたくさんの方々に「アットホーム留学」を知っていただける機会を得てとてもうれしく思っています。令和の時代は親子で楽しむ「英語楽習」が浸透し、英語を通じて自分を世界へ発信していける子どもが、アットホーム留学を通じてたくさん生まれることでしょう!

「親子で学ぶ」「親子で楽しむ」「親子で成長する」それが全て叶う環境がアットホーム留学にはあります。

英語を通じて親子関係を豊かにし、子どもの英語力と会話力を伸ばして可能性が広がるワクワクした未来をプレゼントしてあげましょう!

親子の英会話で子どもたちの英語力がグンっと伸びる!5つの力も同時に身につく!「教えない教育」に向けた新しい英語楽習「アットホーム留学」のコンテンツ

・1日3分!スマホで学ぶ「感性を磨く子育て英会話」( 365日音声付無料メルマガ)

・英語も子育てもみんなで解決!日本初の親子英語コミュニティ「アットホーム留学タウン」

・子どもの発想力と会話力を育てる、ママのための親子英会話メディア「mamash(ママッシュ)」(本サイト)

・親子の会話が英語の教材になる!子どもたちの「英語力」がぐん!と伸びるママ・パパの「しつもん力・アイデア力セミナー」

・全国各地、多彩なティーチャーによる個別相談

親子で英語を楽しむ第一歩として、ただいま小冊子「おうち英語環境のつくり方」を無料プレゼント中です。ぜひ下記よりお受け取りくださいね♪

CTA画像

Comments

  1. アットホーム留学の魅力がつまっている記事ですね!
    半信半疑でもよいから、まずはやってみてーと思います。やってみると、英語だけじゃない魅力をたくさん発見できます。

    • コメントありがとうございます!
      アットホーム留学には、英語だけじゃない魅力がたくさん詰まっていますよね♡ママッシュの記事もその魅力の宝庫だなぁと改めて実感しました!
      よりたくさんの方に、アットホーム留学の魅力を体感して頂きたいです♡

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
きむら かずよ
きむら かずよ
家族:中2長男(バスケボーイ)、小5次男(釣りボーイ)、夫の4人家族
アットホーム留学に出会い親子の会話が変わりました。ここから幸せな親子が増えていくこと間違いなし♡たくさんの親子に愛ある会話と幸せを届けたいです!
CTA画像