先日名古屋で開催された、アットホーム留学プロデューサー マキ先生(以下 マキ先生)の親子英会話セミナーに参加してきました。

リアルにマキ先生にお会いできたのは、1年以上ぶりでした。

Zoom越しで接することはあっても、やはりリアルに対面してコミュニケーションがとれるのは一番いいですね!親子のコミュニケーションもリアルな会話を大切にしたいものです。

 

1.  完璧を求めすぎる日本人

セミナーの内容はどれもこれも重要で、子育て真最中の日本のママたちに必要と思われることばかりでしたが、中でも私がひっかかったことは、

マキ先生が言われた「日本人は完璧を求めすぎる」ということ。

日本人は発音が苦手だから、英語を口にすることをためらったり、文法間違いがあるかもしれないから・・・と英語で会話を避けようとしたり。

(気持ちはわかります・・・。間違いを指摘されたり、笑われたらイヤですよね。)

 

でも母語の日本語だって私たちは完璧ではありません。大人の私たちも書けない漢字はいくらでもあるし、正しく説明できない言葉もたくさん!

ネイティブの人たちでもそれは同じだと思います。

 

余談ですが、私自身が学生だったとき、英文のレポートをネイティブの先生に提出したところ、「文法は驚くぐらい完璧だ。」と言われたことを思い出しました。大学受験対策で文法はしっかり勉強しましたからね・・・。それが日本の英語学習。でも、文法の間違いはたとえ多少あったとしても、要はレポートの中身が大事ですよね(笑)。

 

2. 目指すは出川イングリッシュ!?

芸能人の出川哲朗さんが、外国で現地の方々に突撃して英語で話しかける番組は観たことありますか? (最近はあまり見かけない気がしますが・・)

「出川イングリッシュ」!

これ最高だと思います!

視聴者の私たちは、我が家の子供たちも例外なく大笑い。

文法も単語の使い方もビックリするような使い方ですが、現地の人はそれでも理解しようと一生懸命聞いてくれて、最終的には欲しかった情報を聞き出すことができるのです!

芸人さんだから、仕事上笑いのツボを意識している部分もあるでしょうけど、

「間違いを恐れない」「自分から声をかける気持ち」

この姿勢は見習う部分多そうです。

私は大爆笑してる子供たちに、「出川さんすごいよね!コミュニケーション取れてるよね!英語の間違いなんて関係ないね〜」と、話しています。

完璧を求めなくていいんですよね。

 

 

3. 家庭で「間違えても大丈夫!」な免疫を

どうして「日本人は完璧を求めすぎる」ということに私がひっかかったかというと・・・。

我が家のお兄ちゃんがまさに「完璧を求める」タイプだから!!!

これはもう性格だからしょうがない??

真面目に加えて慎重派。自分の中で「ヨシ、これなら大丈夫。」と思えるまで不安がつきまといます。 お兄ちゃんに外で「出川イングリッシュ」は無理でしょう。

でも、家庭の中であればいくらでも練習はできます!

親子英会話なら、間違えたって

Good try!

It’s OK!

I like your idea!

 

こんなフレーズで応援してあげることができます。

 

 

親子英会話を通して、「間違えても大丈夫!」な免疫をつけてあげたいと思います。

子供のタイプを一番わかっているのは、お父さんお母さんですよね!

PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
みずたに ちか
みずたに ちか
家族:*夫、中1息子、小4娘と暮らす4人家族 *愛知県在住
親子の会話と英会話が自宅で学べるのは、アットホーム留学だけ! 思春期の子供たちと会話を大切にしたい、世界の人たちとコミュニケーションできる楽しさを体感できるようになってほしいと、マイペースに取組み中(^^)
PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像