子どもとどんな会話をしたか、覚えていられますか?

私は息子(マスター)との会話をすぐに忘れてしまって、「なんか面白い話したのに何だったけー?」ということが、本当に!よくあります。
(マスターに聞けば、だいたい覚えててくれてます。笑)

子どもとどんな会話をしたのか?
これを記録してみると、会話した時に気付かなかったことに後から気づいたり、次はこんなことを聞いてみよう、とイメージができたりします。

我が家のリアルな(英)会話で、気づきのポイントを見てみましょう!

 

 

1.会話はどこででも始まる!

駅までの道のりを一緒に歩いているときに、こんな会話になりました。

 

マスター:ママ、覆面パトカー見たことある?

ゆう子 :覆面パトカー?パトランプ点けて走ってるのは見たことないけど、覆面のままだったら見てるかもしれないよね。あの車だってそうかもしれないよ?

マスター:あれとか、そうっぽいよね!

ゆう子 :マスターは見たことあるの?

マスター:あるよ!

ゆう子 :Really? どこで?

マスター:Really! 警察署の車がそうだと思うから!

ゆう子 :I see!! そうだね!警察署に停まってる車は全部そうだと思う?

マスター:捕まえた犯人の車もあるかも!犯人の車はリフォームして、覆面パトカーにしてるんだ、きっと!

ゆう子 :リフォーム!!Nice!! (笑いが止まらない)You are so clever!!

 

パトカー

 

2.会話するから、今の興味・関心がわかる

この会話を通して、先日国語の授業で学んだ「じどう車くらべ」のことかな?
と思い当たりました。

それぞれ色々な車を調べて、ノートに書いて、発表したそうです。

マスターは、移動図書館を調べた、とノートを見せてくれましたが、クラスの子がどんな車を調べたのかを話してくれた時に、覆面パトカーの話が出てきてたんです。

おそらく、お友だちの発表を聞いて、覆面パトカーに今とても興味を持ち、惹かれているんだろうな。と考えられました。

 

3.英語は相づちだけのプチ英会話

親子の会話を全部英語に!は、私にはまだまだハードルが高いので、意識していることのひとつが「相づち」を英語にすることです。

相づちなら、一語や短いフレーズが多いので、英語苦手ママでも気軽に口にすることができます。

 

Really? ホントに?マジで?

I see. そうだねー。

Nice! イイね!イイよ!

 

会話の記録を見ていただくと、私の「Really?」に、マスターは自然と「Really!」と返事をしています。これぐらいのスモールステップでも、いいんです!

 

4.記録するから、次回の会話をイメージできる

この会話を、私はノートに記録しました。
すぐに忘れちゃうので、まずはメモだけしておいて、あとで会話の記録として残したものがこちら。

 

会話も記録

 

次に、覆面パトカーのことが話題になったら、こんなこと聞いてみたい!とか、こんな会話にしたい!というのも一緒に書いたので、「どんな会話をするのか、したいのか」がイメージしやすくなりました。

これで次の週末のお出かけも楽しみに!

子どもとどんな会話をしたのか、を記録してみること。
一度でいいから、やってみてくださいね。ハマっちゃうかもしれませんよ。

PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
かさい ゆう子
かさい ゆう子
家族:小1息子(マスター)と2人暮らし【東京・新宿区】
フルタイムシンママでもできた! 時短OK!ながらOK! 子どもたちの地力を伸ばすプチ親子英会話をお伝えしています。
PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像