みなさんアイスクリームは好きですか?

我が家は暑い季節はもちろん、寒い季節でもアイスクリーム食べるほど家族全員大好きで、冷蔵庫にいつも入っています。
そんな我が家のアイスクリームにちなんだ親子英会話のエピソードをご紹介してみようと思います。

1. 食べることプラスαのお楽しみは…

最近「ホームランバー」というアイスクリームにはまっているんです。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、あの昔からあるバニラ味のアイスクリームです。
今はチョコレートやストロベリー味も増えています。

お気に入りポイントは

  • 味が素朴
  • 1本ずつの大きさが多すぎず、子供でも食べきりやすいところ
  • 「当たりつき」が出る楽しみ

先日、買ってきた箱のほとんど「当たり」が出たこともあり、この3つ目のポイントにすごくはまってしまいました。

こんなこともあるんだと驚きつつ、ラッキー家族だね♪と盛り上がっています。
(単純ですみません…。)

2. 食べる前の儀式

冷凍庫から個包装の袋を「選ぶとき」と「開けるとき」の祈りが娘たちの中ではブームになっています(笑)

こどもたちは手を合わせて、震えるくらい渾身の力を込めて

「当たれ~!」と祈っています。

当たれば「祈りが通じた~!」と大喜び。

ハズレれば「最近祈りの力が足りなくなったわ~。」と落ち込んだり。

それを見るのも楽しみで、大人も童心に帰ったように一緒に祈っています。

3. 親子英会話をまじえて♡

先日次女アナ(3才)がアイスクリームを食べていた時の会話です。

アナ:ママー!!
私   :どうしたん?
アナ:〇(マル)出てきた~!!
私   :ん!?まさか!当たりちゃうーん!見せて~!
(「当たり」の最初のボールの絵が見え出してきているのを確認!)

Bingo!
Congratulation!
Amazing!
Wonderful!
Awesome!
You win !

私が知ってる驚きの言葉誉め言葉をたくさん返しました。一緒になって喜びを共有します!

 

What are you feeling?
どんな気持ち?

と聴くと

にこーー(^ー^)と笑顔

アナの気持ちが十分に伝わりました。

逆に、当たっていないときの反応をみているのも私にとってはとても興味深いんです。
ふつうの何気ない表情で「なんにも書いてなかったー」と残りの棒をゴミ箱に捨てに行くところが
当たったときとのテンションのギャップを感じますが子供なりに何かを感じている様子です。

私が
Are you sad?(悲しい表情のジェスチャーをして見せて)
と聞くとアナは口をとんがらせて行ってしまいました。

これを見て、3才のアナが当たりハズレの嬉しさや残念さがわかってくるくらい成長したんだな~としみじみと感じました。

子供とのこんなささやかな日常のコミュニケーションで、親子英会話を使いながら娘の感情や成長も感じられました。

まだまだ我が家ではホームランバー熱が続きそうです(笑)

お子さんの好きなおやつからアットホーム留学流の親子英会話を始めてみませんか?

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
miki
miki
家族:夫と娘2人(5歳エルサ、3歳アナ)の4人家族
私自身が英語に重度の苦手意識がありました。今では少しずつですが親子英会話を子供と一緒に楽しむしあわせを感じています♡
CTA画像