「保育園に行きたくない!」と言われたら、あなたならどう答えますか?

緊急事態宣言が解除され、2か月の登園自粛を経て久しぶりに登園し始めた年長の息子。

おうちにいるのも飽きてきて、「お友達と遊びたい!!」と大喜びで登園したのはつかの間、徐々に登園を渋るようになり、ついには「保育園、退学する!」宣言まで。

アフターコロナにまさかの保育園への行きしぶり。このピンチを私がどうやって乗り越えたのか、寄り添い親子英会話で息子の本心に気付くまでをご紹介します。

1.息子とわたしの寄り添い親子英会話、実録

息子:「保育園、行きたくない・・・」

わたし:「あれ? なんで?  Why? みんなで遊べるし、楽しかったんちゃうん?」

息子:「だって、工作むずかしいんやもん。いっぱいあるもん。できひんもん・・・。」

わたし:「あー、長いこと休んでたし、することいっぱいあるんやなぁ。むずかしいの?」

息子:「うん・・・。」

わたし:「できるよ。You can do it!やろ?」

息子:「できひん!もう保育園、退学する!退学する、退学する、退学する!!」

わたし:「ええっ!行かへんの?退学??(笑)いやぁ、でもなぁ・・・」

息子:「いかへんのー、うわぁ~ん。」

わたし:「・・・ひょっとして、寂しかった?お母さん忙しかったし、夜もお仕事するもんなぁ。」

息子:「うっわぁぁ~ん(大号泣)。」

わたし:「そっか、そっか。わかった。I see. わかったよー。」

寄り添い親子の英会話

 

2.寄り添い親子英会話で知った、子どもの本心

わたしが寄り添い親子英会話ができるようになったのは、アットホーム留学に出会ったおかげです。

以前だったら、「保育園に行きたくない!」という息子に「お母さんお仕事だから。行かなきゃダメ!」と言ってしまっていたかも。「工作がいや」という、表面的な思いしか見えなかったかも・・・。

でも、まずは子どもに寄り添う、徹底的に寄り添うことを学んだおかげで、「どうしたの?」「どうしたいの?」と子どもに聞けるように(もちろん、行ってくれなきゃ困るのですが)。

子どもに寄り添えたことで、息子は「お母さんと離れて寂しい」という気持ちを吐き出せましたし、わたしも、ただ単にわがままを言っているんじゃない、「寂しい」んだという子どもの本心に気付くことができました。結局、平日離れている分、週末にたっぷり遊ぼうね!とお約束して、保育園には通えるように。

アットホーム留学で学んだのは、ただの英会話ではありません。ひたすらに子どもに寄り添い、親子の絆を深めていく、そんな英会話なのです。

アフターコロナのこの時期、長い休校や登園自粛期間が終わり、登校・登園が再開された地域も多いでしょう。以前は当たり前だった毎日の登校・登園も、久しぶりとなると、子どもたちはずいぶんと疲れているよう。だからこそ、寄り添い親子英会話で、親も子もほっと一息つける時間を持ちたいなと思っています。

寄り添い親子の英会話

3.親子英語コミュニティ「アットホーム留学タウン」で、寄り添い親子英会話を

アットホーム留学タウンでは、アットホーム留学プロデューサーサンシャインマキ先生がたくさんの親子英会話フレーズを公開してくださっています(しかも、見放題!)。上の会話では、長男のあまりの暴れっぷりに余裕がなく、英語はイマイチ使えなかったのですが、今改めてタウンのフレーズ集を見てみると、寄り添い親子英会話に使えるフレーズがたくさん‼

しかも、Facebookグループではタウンメンバーが毎日のように実例を報告してくれるので、そこからどんな場面で、どう使えばいいのかもわかります。「知って終わり」ではなく、「わたしも使おう、使いたい!」、そんな気持ちにしてくれる親子英語コミュニティなのです。

みなさんも、わたしたちと一緒に、「アットホーム留学タウン」で寄り添い親子英会話を楽しみませんか?

PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
Junko
Junko
家族:小4の長女、年長の長男、夫の4人家族
アットホーム留学に出会って、毎日親子でプチ英会話を楽しんでいます。 ゆる~く続けていたら、長女は英語本が読めるようになり、長男からは英語が飛び出すように。次にどんな変化がみられるか、楽しみで仕方ありません。
PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像