英語には絶対に動詞が必要、ということをご存じでしょうか?例えば…こちらの文。
日本語 「今日、スイミングだよ」
英語 「I take a swimming lesson today.」

日本語は動詞を省略しても意味が通じますが、英語は主語+動詞で文章が作られています。

つまり英語を学ぶ時は「動詞がとーーーっても重要!」になるのです。
しかしながら、今の日本の英語教育では、圧倒的に名詞の方が多く、日常で使う動詞をなかなか覚えることができません。

ですので、動詞は日常で動作と一緒に覚えていくのがオススメです。
今回は、動詞を増やすために、我が家で楽しんでいるyoutube番組とそのアレンジ方法をお伝えします。

今回、一緒に見たyoutubeの英語動画

Walking, walking. Walking, walking.
Hop, hop, hop. Hop, hop, hop.
Running, running, running. Running, running, running.
Now let’s stop! Now let’s stop!

誰もがなじみのある音楽に、次々と動詞が出てきます。
ぜひ、歌いながら、一緒に踊ってみてください! 動作と一緒に、たくさん動詞を、簡単に覚えることができます。

私はこの歌を、保育園の教室に向かう時に歌うこともあります。教室に向かうのもちょっと楽しくなりますよ。

youtube英語動画のアレンジ方法

簡単アレンジ

最後の【Now Let’s 〇〇】の部分を、好きな動詞に変えるだけ。

【fly】【sing】【sit】【kick】【throw】など…

単語が分からなかったときは、子ども達はめちゃめちゃな動きをしたりします。それを見るのもとっても面白いですよ。

全文アレンジ

リズムを覚えてしまえば、全文アレンジしても、子供たちはすぐに反応してくれます。

singing, singing. singing, singing.
tap, tap, tap. tap, tap, tap.
jumping, jumping, jumping. jumping, jumping, jumping.
Now, let’s kick! Now, let’s kick!

こんな風に、様々な動詞を当てはめて、いろいろなアレンジを楽しんでください!

アレンジ次第でどんどん広がります

いかがでしたか?

便利で楽しく学べるyoutubeですが、ママも子供も一緒に楽しむことで、いつでもどこでもできる英語の遊びに早変わり。
年少男子も小1女子も一緒になって遊ぶことができました。

いくらでも動詞を増やすことができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

親子の会話はもちろんのこと、youtubeもゲームも勉強も…

子どもに寄り添ったやり方が見つけられる秘訣は、おうち英語環境にアリ!
下記の小冊子で、その秘訣をぜひ手に入れてください!

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
mika
家族:長女(小1)& 長男(年少)
子供を「愛する」ってどういうこと?自問自答を繰り返した私が、いつの間にか「I love you」が日常に! 子どもへの声掛けが変わったら、家族にも自分にも「It’s OK」が出せ、心がラクに!
CTA画像