忙しい日々の生活の中でも、毎日10分の英語時間をとることが、「親子の時間の捉え方」を変え、子どもたちのチカラを伸ばしていきます。

サロン生の時間の使い方や、お子さんの変化など喜びの声を聞いてみましょう!

 

アットホーム留学キッズ英語サロンとは、

世界で生き抜く力をもった子供が育つ!
4技能を超える英語力が身につく!
模範解答のない英語つうしんこうざ、です。

どんな通信講座なのかは、こちらのまとめ記事をご覧くださいね。
【まとめ】キッズ英語サロンを丸裸にする7つのポイント!

 

1.疲れていても、できることをできる分だけやれるのがいいです!

 

新1年生、だいぶ疲れてます。
食べるの大好きな息子も少し食欲が落ち、声に力が入ってないかな、という感じです。

そんな時の、キッズ英語サロンは?
洗濯物をたたむ私の隣でゴロゴロしながら、今週のミッションに挑戦!

単語を探すのは私の役目。
見つけたら、1文字ずつ音を言うと息子が見つけて線で繋ぎます。
紙に書くのも私の仕事(笑)

音を聞いて繋げるだけでも、Good job!です。

(小1男の子)

 

 

2.初めてのアルファベットも抵抗なく挑戦!

 

本当に10分って、あっという間です!
ついあと5分ってなってしまう。

今日はなぜかscaredにハマっていました(^^)
アルファベット書くの初挑戦ですが、何の抵抗もなく書いていてすごいなぁと思います。

(年長男の子)

 

 

3.やってみたら、次への意欲につながる10分でした!

 

グズグズ悩んでいても始まらない!と、キッズ英語サロンを始めてみることを決意し、昨日から親子でスタートしました。
10分は本当に短く、でも息切れが嫌なのでそこそこでやめておいたら…

今朝の朝ごはん中に、長男が妹に向かって
「ねぇねぇ、Iの後は何がくるか覚えてる?」なんて嬉しい会話が!

これから親子でとにかく楽しんでいきたいです。

(小3男の子、年長女の子)

 

 

4.長いようで短い10分が、ちょうどいい

 

毎日10分の英語時間をとるって、難しいように思えますが、やってみるとあっという間で、子どもにとって「もの足りない」と思うことも。

 

だけど、10分だからこそ、毎日継続しやすいのです。

 

まじめに、全部を、ちゃんと、やろうとしなくても、毎日10分、どこかで英語に触れる時間をとることの積み重ねが子どもたちの英語力の土台を作っていきます。

 

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
かさい ゆう子
かさい ゆう子
家族:小2息子(マスター)と2人暮らし【東京・新宿区】
フルタイムシンママでもできた! 時短OK!ながらOK! 子どもたちの地力を伸ばすプチ親子英会話をお伝えしています。
CTA画像