Whatを使った質問はたくさんありますね。
What is it?

What can you see?
What do you think? などなど…

     
海辺で遠くを指さす親子

 

今日はWhatを使った
親子で想像力をつけるしつもん
を紹介します。
ママの頭の体操にもなりますよ!

 

我が家でほぼ毎日使う
Whatのしつもんは、

 

What does it look like?

 

どんな時に使うかイメージできますか?
”我が家だったら・・・”
とイメージするのも大切です。

 

5歳と3歳のboysがいる我が家では、
工作で
食卓で
公園で
幼稚園の送迎で
お風呂で
いつでもどこでも使ってます!

例えば、
工作では
切り絵をして、

私:What does it look like?
さー:雪の結晶!
私:Bingo!
さー:さーくんも作るー!

 

食卓では
おせんべいをかじって、

さー:何に見える?
私:A turtle?
さー:さーくんのお顔でした!
私:Wow! Where are your eyes?
さー:ここやで♪

 

幼稚園の送迎では
影を見て、

私:What does it look like?
さー:うーーーん、分からん…
私:
OK. I think it’s a crab!
お母さんはカニさんに見える!
さー:木のかげ!
私:Exactly!
木のかげって知ってました^^;

割れたおせんべいと木の陰

分からないと答えても、
It’s OK!

分からないことを認め、
そんな時は、
ママが思いついたことを
伝えてみて下さい。
会話が続いていくはずです!

 

子どもが日本語でしつもんしてきても、
It’s OK!

聞こうとしていることは、
いつもママがしつもんしていることを
マネしている!!

 

正解のないしつもんなので、
間違うことを恐れず、
ママも子どもも
好きなように想像して
楽しく親子英会話ができます

 

Whatを使ったしつもんは
親子英会話の幅を広げます

親子で一緒に会話を通して
想像力をつけていきましょう!

キーとなるのは、
正解がないことです!

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
yumi
yumi
家族:年長息子(さーくん)、年少息子(せーくん)、ダンナさんの4人家族
親子にとって大切なコミュニケーションをアットホーム留学を通じて楽しく学んでます!
CTA画像