3歳5歳のboysがいる我が家。
仲がいい兄弟ですが、
ふとしたときに
ケンカもします。。。
並んで座っている兄弟

そんな時に、
自分と相手の気持ちをきく
How“を使った
しつもんをしています!

 

日本語だと、
「○○○したらだめでしょ!」
と開口一番に出てきそうですが…
親子英会話を意識するようになって、
まず聞くしつもんがあります。

 

ケンカを見ていた時は、
終わったらすぐに、
ケンカを見ていなかった時は、
まず何が起こったかを
確認してから、

How do you feel?
How does he feel?

とききます。

 

うちのboysのケンカは、

どちらかが頑固になり譲らない
→もう片方も無理やり取ろうとする
→譲らない
→手に入らなかった方が泣く
→もう片方はだんまりか知らないふり…

とういうパターンが多いです。

 

「ごめんね。」
がなかなか言えないboysなので、
今は最終的に私が間に入ります。

How do you feel?
どんな気持ちかな?

泣いている方をまず抱っこしつつ、
だんまりしている方に

How do you feel?
今どんな気持ち?

happyかな?
sadかな?
と声をかけます。
答えてくれなくても、
自分と向き合ってもらいます。

How does he feel?
相手はどんな気持ちかな?

自分の気持ちと向き合って
落ち着いたら、
相手の気持ちも
想像してもらいます。

分かっていても、
ケンカ直後で
知らんぷりしていることが多いので、
相手の気持ちを代弁して
伝えることもあります。

 

5歳さーくんは
だんまりを通すことが多く、
自分の中で気持ちを処理して、
すぐに弟せーくんと
遊び始めることが多いですが…

自分の気持ちも大切に、
相手の気持ちを大切にしてほしい
という母の願いを込めて
しつもんしています。

 

自分の気持ちを伝える力
そして、
相手を思いやる心を育てる会話を
私はしつもん力対面セミナーで学びました。

我が子と真剣に向き合う
ママのプレゼンテーションから
たくさん学べますよ。

 

PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
yumi
yumi
家族:年長息子(さーくん)、年少息子(せーくん)、ダンナさんの4人家族
親子にとって大切なコミュニケーションをアットホーム留学を通じて楽しく学んでます!
PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像