コロナの影響で、
子どもたちが休校になったり、
週末にお出かけできず、
おうちで過ごす方が多いと思います。

この1か月ほど、
コロナに関するニュースを見て、
心が落ち着かない日もありました。

我が家には5歳(年長)と3歳(年少)の息子がいます。
いつもと変わらず遊んでいる息子の姿を見て、
元気をもらっていました。

親として何ができるか。

『一緒に過ごす時間を大切にする』
『おうちだからできることをする』

大きくはいつもと変わりません。
まず会話をすること。
写真はたくさん撮るようになりました。
息子の些細な成長も気づけるようになった
気がします。
英会話を意識して取り入れることは、
私の気持ちを盛り上げるのに、効果的でした。

今日は、我が家ではどんな風に
おうちで過ごしているか、
英語のある親子の時間の遊び方をご紹介します。

英語で話しかけながらお絵描き

息子が描いた恐竜のマインドマップ(R)

恐竜が大好きな長男さーくん。
絵を描くのも好き。
幼稚園でひらがなを書く練習をしたり、
カタカナを読む練習をしていたこともあり、
字にも興味がありました。

そんな時、
私がマインドマップ(R)を学ぶ機会があり、
さーくんに提案しました。

「さーくんが好きな恐竜の
絵本を自分で作るのはどうかな?」

さーくんにヒットしました!

※マインドマップ(R)は
グローバルマインドコーチ・
アットホーム留学ティーチャーの
富田絢子先生が開催する
親子の脳活らくがきコミュニケーションマインドマップ(R)講座で学びました。

さーくんが好きな恐竜などの絵を描き、
その恐竜たちの情報を書いています。
その時に私がしていることは、
英語で声をかけることとしつもんすること。

「Oh wow!」
「Awesome!!」
「Nice drawing!!」
「Good writing!」

「Where did a Triceratops live?」
「What did a Tyrannosaurus eat?」
「How much do you love a Pteranodon?」

しつもんはそれぞれの恐竜に
同じ事を繰り返して聞いているので、
はじめの疑問詞(WhereやWhatなど)
だけでも伝わるようになりました。

あと、恐竜の名前をスマホを使って、
英語の発音でも聞いています。
さーくんに英語で名前を言うことは強制せず、
日本語の名前と言い方が違うのを楽しんだり、
私自身が話をする時に
英語で伝えたりしています。

今では恐竜のことについては、
家族の中でさーくんが1番知っていて、
そのことが自信にもつながっているようです。

スクリーンタイムでフォニックス

アルファベットを書く息子

3月、おうちで過ごした時に、
アットホーム留学のFacebookによる
おうち英語コミュニティーに参加していました。
※詳しい内容はあらい きょうこさんの記事を読んで下さい。

コミュニティーから届くミッションなどで、
息子たちは動画から聞こえてくる
あいさつや英語を真似して楽しんでいました。

テレビやYou Tubeのスクリーンタイムは
我が家にとって気分転換となり、
必要な時間です。
せっかくなら、
親子で楽しく学べる時間にしようと思い、
フォニックスを一緒に学ぶことにしました。

文字に興味が出てきた長男さーくん。
アルファベットにも興味があったので、
フォニックスを音だけでなく、
文字からも挑戦!
まだ書くのは気分によりますが。。
英語の読み書き話す聞くの4技能が学べる
アットホーム留学キッズ英語サロンの
動画を見るのは好きです。

次男せーくんはまだ字は書けませんが、
音を真似したり、
動画のマキ先生とOjojoと、
長男さーくんの真似をして、
ホワイトボードにいろいろ描いてます!

あと、
You Tubeの『Alphablocks』を見るのが
今二人のお気に入りのスクリーンタイムです。
見終わって、さーくんとせーくんと
フォニックスの音や出てきた言葉を
真似して親子で楽しんでます。

ブロック遊びも英語で声掛け

ブロックで作った車や道路

ありがたいことに、
我が家の兄弟はケンカをすることが少なく、
2人で楽しく遊んでいることが多いです。
特に2人の中を深めたのが、
ニューブロックです。

お互い作ったものを真似したり、
ブロックが足りない時は、貸し合ったり、
作り方を教え合ったり、
見ていてほっこりします。
そして、
作品の発想が本当におもしろいです。

この時も、
「Amazing!」
「It’s so cool!」
「How did you make it!?」
「I like your car!」
「How nice of you!」
など英語の声かけをしています。
リアクションも自然と大きくなります!

飽きやすいせーくんも、
ブロックが楽しいのもあり、
私のリアクションを見たいからか、
作る→「見てー!」→壊す→作る
を毎日繰り返してます。

この「見てー!」の時に、
なるべくすぐに見るようにしています。
この時のドヤ顔がキラキラしていて!

親の関わり方で、
子どもがいろんな才能を発揮するのを
実感する瞬間でもあります。

“Stay home”
一緒におうちにいるからこそ、
まずは親子でコミニュケーションを、
そして、英語を少し取り入れてみませんか。

CTA画像

Comments

    • ゆうりさん、コメントありがとうございます。
      恐竜のおかげで、英語や自己肯定感やいろんな所で、息子の成長が感じられます。
      思わず私も大げさに英語で声かけしてます♫
      「好き」のパワーはすごいです!

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
yumi
yumi
家族:年長息子(さーくん)、年少息子(せーくん)、ダンナさんの4人家族
親子にとって大切なコミュニケーションをアットホーム留学を通じて楽しく学んでます!
CTA画像