捨てる」ってことは
本当に大切なもの」を発見することでもあります。

捨てることで得られる

豊かさ」があるのです。

 


愛ある親子の英会話を伝えている
アットホーム留学では、
「捨てる勇気」をこう解きます。
・英語教育はこうであるべし!
・自分は英語が苦手で無理!
・英語は外で学ぶもの!
・英語のレベルは点数で計るもの
という先入観を捨てる勇気!
捨てることで得られる
「本当に大切なもの」が、
・親子の会話
・子どもの生き抜く力
・ママの時間
英語は、
親子で会話しながら
身につけることができる。
親子の愛ある英会話で、
考える力
感じる力
想像する力
共感する力
のような、
子どもたちが将来生き抜くために必要な力
英語力を絡めて学び続けられる。
親子の愛ある英会話ができる
おうちの環境を整えるためには、
ママが「ママの時間」を確保することも
実はとっても大事と気づくようになる。
アットホーム留学プロデューサー
マキ先生は、こう言います。
「特に・・・・
 ママの時間は
 5分でもいいので死守してください!
 ママの時間がないことって
 結局ママの疲れ、イライラなどに
 繋がってしまい、
 これは結局子どもたちに悪影響しか
 ありませんから。」
子どもを大切にするからこそ
ママが自分の時間を
大切にすることも大事だということ。
これは、
ワーママの私にもとてもよくわかります!
限られた時間の中で、
いろんなことをやろうとすると、
どうしても「時間に追われる」感じになり、
急かせか、イライラ
そしてだんだん言葉がキツくなる。。。
そうなると子どももちょっとしたことで
癇癪をおこしたり、
不機嫌にスネたり。
悪循環にハマってしまうと、
愛ある親子の英会話

どころではなくなってしまうのです。

 

 

ママだって、人間だもの。

ぼーっとしたり、
好きなものを手にしたり。
体を動かしたり、
リフレッシュできる自分時間を
5分だけでも持つことで、
子どもと過ごす時間を、
より有意義に、
より濃厚に、
より楽しくしていきましょう。
捨てることで
「豊かさ」を得る。
そんなママたちが増えてほしいな、
と思ってます。
CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
かさい ゆう子
かさい ゆう子
家族:小2息子(マスター)と2人暮らし【東京・新宿区】
フルタイムシンママでもできた! 時短OK!ながらOK! 子どもたちの地力を伸ばすプチ親子英会話をお伝えしています。
CTA画像