「子どものやる気スイッチを押したい!」
と願わないママ・パパはいないですよね。

(ちょこぴよさんによるイラストACからのイラスト)

英語も。

 

子どもには、英語をみずから学び
使える英語力を手に入れて欲しい、


そのために

英語のやる気スイッチを押したい、と。

 

だけど、
実は多くのママ・パパが
やってしまっていること。

 

それが、
やる気を削ぐ声かけ」だとしたら・・・

 

「そのスペル、違うよ」

「その発音、違うよ」

「書き順はこうでしょ」

「なんでできないの?」

「覚えてないの?」

「英語で答えて」

「なんでいつもbとdを間違えるの?」

 

何気ないひと言が、
無意識に使ってる声かけが、

子どもたちの英語へのやる気を削ぎ
学習意欲を低下させているとしたら、

 

変えるしかないですよね!!

 

このままでは、
やる気スイッチを押すどころか、

「嫌い・苦手」スイッチ
押してしまうことにもなりかねませんから〜〜。

 

「嫌い・苦手」スイッチが入ると、
英語をいっさい受け付けなくなってしまう子もいます。

 

だから、
アットホーム留学では、
「英語のやる気スイッチ」を押す
ママ・パパからの声かけ、

つまり、
愛ある親子の英会話
実践し続けているんです。


子どもの英語の学習意欲

火を付ける声かけ、

「英語が楽しい!」に
気がつくひと言。

我が家にあった、
親子の英会話。

手に入れてください。

 

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
かさい ゆう子
かさい ゆう子
家族:小2息子(マスター)と2人暮らし【東京・新宿区】
フルタイムシンママでもできた! 時短OK!ながらOK! 子どもたちの地力を伸ばすプチ親子英会話をお伝えしています。
CTA画像