皆さんは我が子と会話をする時の

会話やしつもんについて考えたことがありますか?

私はアットホーム留学に出会うまで

正直意識したことがありませんでした。

サンシャインマキ先生との個別相談の時に
子供達との会話を聞かれて
「今日学校どうだった?」
「歯磨きした?」
「手紙出してないよね?」

「早く〇〇して」

恥ずかしながら
こんな事実確認と指示・命令だけの会話しか
浮かんでこなかった人です。

4つの英単語から作られる2パターンの「しつもん」

パターン1の「しつもん」Is this a pen?

「これはペンですか?」
これ私たちママ世代が初めての中学英語で

習ったセンテンスですよね。

これは、示しているものが
「ペン」なのか?
そうでないのか?の

確認のしつもんです。

聞かれた相手はYes/Noで答えて

はい。そこで会話はおしまいです。

パターン2の「しつもん」What do you think?

「どう思う?」

このしつもんに対する答えはどうでしょう?

これは事実の確認ではないので

Yes/Noで答えられません。

このしつもんの後の心の動きは
私どんな風に感じてる?

まず自分の心を見つめて。

その「考え」を

相手に伝えてみる。

すると相手も
伝えられた考えを理解して話す。
こんな風に次の会話に続きます。

2つの「しつもん」の大きな違いはYes/Noで答えられるか否か

 

両方とも4つの単語からなるしつもんですが、

1つ目の質問はYes/Noで答えて終了になるのに対して、

2つ目の質問はYes/Noで答えられる質問ではないので、
大きな会話がキャッチボールになり続いていく。
という違いがあります。
アットホーム留学では

Yes/Noで答えられる質問だけでなく

会話のキャッチボールの元であり、
相手を知り、自分の考えや気持ちを表現する会話の元になる

5W1Hのしつもん(後者)をとても大切にしています。

はなさわ家の「しつもん」の英会話

昨晩、年長わんぱく次男から
「明日の朝6時半に起こして!」

と話がありました。

「Why do you think so?」

なんでそう思うの?

と聞いてみると。

「今朝保育園の出発前に焦っちゃったから・・」

「I See.

そうだったね。」

実はかなりバタバタ出発したその日。

これはかなり嬉しい申し出です。

 

「How do I wake you up?」
じゃママはどんな風に起こしたら良いかな?

と聞いてみると。

えっとね。。

最初は耳の近くで
「起きて〜って言ってみて。
 で、起きなかったらお腹をこうやりながら(さする動作)
 起きて〜って。
 それでも、もしまだ起きなかったら、
 もうちょっと強く、こうやって(さする動作)
 ちょっと大きな声で起きて〜って言ってね♡

僕、中々起きないこと、あるでしょ。」

こんな風に伝えてくれたので

「Nice idea !

起きられなかった時のバージョンが2つもあるんだね。」

と伝えてみました。

さて、翌朝。

どの段階でわんぱく次男は目を覚ましたでしょうか??

耳元でささやいた後、お腹を少しさすったところで

気持ちよく目を覚ましたくれました♡

「しつもん」の方法について考える前の私だったら?

これ、もし私が

アットホーム留学に出会うの前の会話だったとしたら

「明日の朝6時半に起こして!」
「オッケー!」

の会話で終了でした。

そして翌朝・・・

「起きて〜!朝だよ。」

「起きなさーい!もう時間だよ。」

「おきなさーい!!!起こしてって言ったでしょ。

忘れちゃったの??」

「もう時間!!

いいかげんにしなさーい!もうっっ〜」

こんな風な展開になって
結局、双方イライラ。
「ママごめんね。。」
なんて子供に言わせてしまいつつ

保育園に走る。

そんなことの繰り返しでした。

今でも
こんなことが、

全くないわけではありませんが

子供との会話を意識するようになったおかげで
子どもとのイライラの時間が

随分減ってきました。

我が家に取り入れたいのはどちらの「しつもん」?

Is this a pen?

What do you think?

2つとも同じ4語で、

しつもんである事に変わりないですが、

あとに続く会話が違ってきます。

あなただったら

どちらで子供たちと会話をしてみたいですか?

私がワクワクを感じるのは後者です。

なぜなら
後者は子供の事を知るきっかけとなるしつもんだから。
子供達の考えていることって
知っていると思っていても、よく分かっていないことや
自分の固定観念で決めつけてしまっていることが

実はたくさんあります。

子供の本当の気持ちを知る事により
親子間のイライラの種が少なくなって
なんだかお互いに相手のことがよく分かり

親子が楽しくなると感じることができます。

そしてそれは、
「英語の勉強」だけにとどまらず
今、子供達がこれからの世の中を生き抜くために
何より必要と言われている
「考える力」と「伝える力」

子供達と一緒におうちで練習できるしつもんだから。

こんなしつもんから始まる親子英会話を

お勧めしているのがアットホーム留学です。

私たち親子はアットホーム留学
「しつもん力セミナー」で詳しく学びました。
英語だけでなく親子の会話を学ぶことができるのは

アットホーム留学だけです。

詳しいご案内は下記小冊子をご覧ください。

PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
はなさわあや
はなさわあや
家族:小6(クール長男)小4(おしゃべり長女) 年長(わんぱく次男)と夫の5人家族
親子の会話にちょっぴり英語を取り入れて幸せ家族に♡ 3人の子供達が幸せな未来をつかみ取れるために アットホーム留学を実践しながらお楽しみ中です。
PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像