こんにちは。

アットフォーム留学パフォーマーのきょうこです。

おやつ作りが好きで、娘が小さい頃から、お団子作りやクッキーの型抜きなど一緒に楽しんでやってきました。

アットホーム留学に出会い、変化したおやつ作り時間と娘との会話をレポートします。

 

秋の行事といえば、芋ほりですね。

スイートポテト作りで親子の会話が広げられると考えたことはありますか?

おやつ作りを通して、子どもの豊かな発想力を引き出せるなんてワクワクしませんか?

~実際の会話~

母:「どんな形でもいいよ」

生地をとり、伸ばしていく娘

娘:「へび」

母:「上手だね。Good!」

そして、ヘビの頭と尻尾をくっつける娘

娘:「真ん中に穴をあけて…」

また、スイートポテトで手形を取り出す娘

母:「How nice! 素敵だね」

子どもの既存にとらわれない豊かな発想力が引き出せました!
スイートポテト作り

~実際の会話~

母:「卵をぬって、オーブンにいれるよ。

今は黄色だけど、オーブンに入れると何色になると思う?

What color do you think to bake in the oven?」

娘:「ピンク!赤かも!・・・実験してみよ」

母:「Pink! Red! いいねぇ。20分後にどうなっているかな。楽しみだね!」

アットホーム留学が提供している質問力セミナーを受講する前のおやつ作りでは、ただ手順を伝えるだけでした。

クッキーであればクッキーの型、お団子であれば丸、といった既存の形を伝えて、一緒に作業していました。

現在は、子どもに寄り添う会話を意識するようになりました。

子どもの豊かな感性を引きだす親子英会話で、楽しいおやつ作り時間を共有しています。

・子どもが今、興味を持っているのは何なのか。

・何に集中しているのか、どうしたいと思っているのか。

・私の考えを伝える前に待つこと。

・何をしてもオールOK!な気持ちで接すること。

子どもの豊かな発想力を引き出す親子英会話をしてみませんか?

親の少しの意識で大きな変化がありますよ。

会話のしかた、質問のしかたが分からないという方は、アットホーム留学の個別相談がおすすめです。

自己流ではなく、各家庭に最適なマイホームスタイルを見つけるヒントが得られますよ!

親子の会話の中で、子どもが英語に興味をもつ環境、子どもの力をのばしていける環境が作れるアットホーム留学。

まずは、こちらの小冊子を読んでみてくださいね。

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
きょうこ
きょうこ
家族:長女(4歳)、長男(1歳)、夫、私の4人家族
アットホーム留学に出会い、常識に固められた私に気づきました。常識にとらわれず、あるがままの子どもに向き合えるきっかけをもらったアットホーム留学!子どもたちとの時間が、会話が、ますます楽しくなりました! 工作、実験が大好きな娘との(英)会話を発信していきたいです。
CTA画像