2021年11月中旬に“親子英会話を通して子育てを楽にするセミナー”を受講し始めて、今4ヶ月目を継続中です。

そんな私の実際の体験談がどなたかの参考になればと思い記事にしています。

読んでいただけたら嬉しいです。

 

まずは私が参加しているセミナーの位置づけ

 

この“親子英会話を通して子育てを楽にするセミナー”について初めて聞く方もいらっしゃることと思います。

 

簡単に説明するとここは『アットホーム留学』を母体にした、

“オンラインで親子英会話を深めるセミナー“基礎編4ヶ月間、応用編4ヶ月間を学ぶものです。

他にも子どもたちを対象にした講座もありますので詳しくはホームページをご覧ください。

 

受講者のほとんどが子どもたちのママで、セミナーで学んだことをそれぞれのご家庭で実践して、日々の記録、月に1回のセミナーで発表、と繰り返していくものです。

 

セミナーはZOOM使用ですので、私みたいな地方在住の方でも大丈夫です。

 

身近に“数”って溢れていると気づいた

 

今日は数字が大好きな子どもたちの話をしたいと思います。

 

うちの3歳の息子は最近、数字に興味を持ち始め、目に入る数字を

「これなんて書いてあるの?」

といつも聞いてくるようになりました。

 

例えば、テレビの左上にあるデジタル表記の時間や

 

お風呂の温度や時間を表すデジタル表示、

 

自宅の車のナンバーから通り過ぎる車のナンバーまで。

 

 

娘の時は無かったことなので理系男子が多い理由はこれなのか、

忙しい時にいちいち手を止めて見て答えるという一連の動作に面倒くささも感じていました。

 

セミナーで聞いたことを実践してみた

 

ふと、そういえば、数字に興味を持った男の子のママが、

今まで何気なく通りすぎるだけの街中で数字を片っ端から親子で探すゲームをした!

と、セミナー『五感編』で聞いたことを思い出しました。

 

コインパーキングの地面に書いてある駐車ナンバーや、ビルの階層を表す数字など“視覚”を使った遊びです。

 

色々考えるよりも子供にヒットするか、ヒットしたら儲けもん!

試しに家の中の数字を遊びに取り入れることにしました。

 

お風呂場バージョン

 

入浴中も早速数字に目が行く息子。

うちは風呂釜の温度、現在時刻、給湯温度が表示されるパネルを使っています。

 

数字を学ぶお風呂のパネル

 

「これ何て書いてあるの?」と始まり、

「この数字と数字が同じだ~」と喜び、

「この数字は車の番号と同じだ」と子どもならではの記憶力も見せつけてきます。

 

娘も一緒に入浴しているので、息子が日本語で聞いてきた数字を年長の娘とママが英語で答えるという遊びをしました。

 

娘も答えられるのが嬉しそうですし、息子のたどたどしい英語のリピートに顔を見合わせ合って笑い、いい雰囲気です。

 

 

デジタルパネルの隅々まで一字一句見逃したくない息子は数字以外も聞いてきます。

 

『℃←これははなんて言うの?』と聞くので、

面白おかしく音程を付けて「デグリー」と言ってあげると、子どもたちが大笑いで2人で何度もリピートしていました。

 

以降お風呂に入ったときの数字英語遊びの〆は「デグリー(笑)」になりました。

 

 

車バージョン

 

車好きの子どもたちって多いですよね。

ご多分にもれず、うちの息子も車好きで今日も車のトレーナーを着て登園していきました。

 

まず自宅の車のナンバーを指さし

「あれはなんて書いてあるの?」と聞いてきます。

一つずつ日本語で教えた後に、お風呂の時と同様、英語でも教えます。

 

次に息子は、私が運転しているにも関わらず、前方から来た車のナンバーを教えてくれとせがんできます。

田舎なので出来ることですが、少し街へ出てしまうと、それは危険なので理由を言ってできないと伝えます。

代替え案として、信号停車時に前に止まった車の番号を教えることで納得してくれました。

 

おもちゃの消防車はいつも119

 

最後に

 

車のナンバーの例もそうですが、セミナーでの話からも、数字は至るところで目にすることができますので、外出先や病院の待合室での時間つぶしにも使えます。

ちなみに地下はBasementですので、B1の表記があるデパートでは「Basement One」とエクストラ情報も得られます!

 

以下は息子のお気に入りのパンツです。

最後にお目汚しになりすみません。。。

いとこの男の子もやはり数字が好きで、その子のお下がりです。

このパンツの時は汚したくないからと、トイレトレーニングもこの時は頑張っています(笑)

まだ、赤ちゃんのいとこの男の子がいるので、歴代パンツとして受け継がれる予定です。

 

数字のトレーニングパンツ

 

 

プレゼント

 

ここママッシュを運営している母体の『アットホーム留学』には17名のティーチャーが在籍しており、“親子英会話が深まるセミナー”をそれぞれ行っています。

そのティーチャーたちがそれぞれメルマガを配信していて、数字が大好きな男の子が実際いらっしゃる“トモちゃん先生”が、楽しく歌で大きな数を覚えちゃおうってことで

♪でっかい数字マスター♪という歌のダウンロードをメルマガで配信しています。

 

1兆、one trillion

10兆、ten trillion

100兆、hundred trillion

Yes, I did it!

(でっかい数字マスターより一部)

 

”ともちゃん先生”の歌をゲットしたいっ!と思った方はこのURLからダウンロードできますので、是非この機会に手に入れてみてください。

https://www.agentmail.jp/lp/r/4556/42612/

 

ティーチャーってどんな人たち?と思った方は下記から覗いてみてくださいね。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

CTA画像
全国のティーチャーを探す

Comments

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
ゆみへい
家族:療育に通う6歳girl、3歳boy、夫、祖父、祖母の6人家族。自営業してます。
幼稚園楽しかった?-うん。誰と遊んだの?-わすれた。早くかたづけてお風呂に入りなさーい!(イライラMAX) もはや会話でもない確認、職務質問、命令をしていた私。留学という名の親育てをしています。戦後の教育方針、親世代から続くしつけ方、日本の英語教育に疑問を持ち始めた今日この頃です。←変な宗教とかではないです笑
CTA画像