英語教育改革から早数ヶ月。小・中・高の学習にとどまらず、大学入試まで改革が行われた英語。

子どもの英語教育が気になっている、または対策を考えている方も多いのではないでしょうか。

けれど、大学入試までの英語が出来ればそれで満足ですか?


それともどうせ英語を学ぶなら、一生使える英語を子どもに身につけさせたいですか?


今回は後者の方向けの勉強法をご紹介します!

1. 2020年度から何が変わった?

ご存知の方もいるとは思いますが、2020年度からの英語教育の変更点をまとめてみました。

<小学校>
2020年度より
・3,4年で「外国語活動」がスタート
・5,6年で英語が教科化(成績がつく

<中学校>
2021年度より
・全ての学校でAll English化
・「聞く」「話す」学習が大幅に増える
・語彙数も400~600増える
・文法内容も増える

<高校>
2022年度より
・全ての学校で、ディスカッションなどの高度・発展的な内容
・大学受験も2020年度から外部の検定試験の活用開始(の予定でしたが延期)


他にも細かい変更点はありますが、ざっとこんな内容です。


正直、私はこの改革で「これで日本人の英語力が格段に上がるぞ!」とは期待していません。

なぜなら、今の「英語が苦手な日本人」を見れば、そんなに簡単なことではないのは一目瞭然ですよね。(学校関係者の方、ごめんなさい。)

きっと今後も試行錯誤しながら改良していくのだろうとは思いますが、そんな悠長に待っていたら我が子のスクール時代はあっという間に終わってしまいます。

なので、ここは学校だけに頼らず、親子でも頑張ってみませんか?

2. 親子英会話は、親子で英語を好きになるチャンス!

そこでオススメしたいのがアットホーム留学タウンです!

これは、通信講座ですが世間一般のものとは違うんです!

何が違うかというと、まずティーチャーと講座生の距離が近い

実は毎月数回、Zoomというビデオアプリで、ティーチャーや他の親子講座生と
リアルタイムで繋がれるんです。

また、Facebook上で色々なお家の親子英会話の様子が見れちゃいます♪

さらに、このアットホーム留学タウンでは子どもへの寄り添いも大事にしているため、親子関係もよくなり、自然と会話も増えるので、子どもたちのコミュニケーション力まで育めるんです!

もちろん学習内容もオススメで、未就学のお子さんから使える、
日常でよく使える英語フレーズ
ネイティブの子達も勉強しているフォニックスも学べます。


英語が苦手なママも子供と一緒にもう一度英語を勉強できるチャンスです!
しかも嬉しい発音動画付き!!

アットホーム留学タウンを通して
英語が(さらに)好きになった!
というお子さん・ママもいますよ♪もちろん、私もその一人です♡

英語の勉強だけにとどまらず、親子で楽しみながら子どもの力を伸ばせるなんて素敵だと思いませんか♪

ぜひ1度チェックしてみてくださいね!
↓↓↓
https://town.at-home-english.com/order/69/

 

 

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
Manami
Manami
家族:夫、長男ベンベン(4歳)、次男ダンダン(2歳)
毎日2人のやんちゃな男児相手に、楽しく(英)会話をしよう♪とチャレンジ中です!
CTA画像