ママ・パパ自身が英語苦手で、「子どもには教えられない」から「子どもの英語は外に任せよう」と
考えているとしたら、その発想を逆転してみませんか。

ママ・パパが英語が苦手だから、子どもと一緒に英語を学ぶ、へ。

どういうことなのか、自身も決して英語が得意なわけではなく、むしろコンプレックスだったティーチャーがお伝えします。

 

英語が苦手な、ママ・パパにおすすめの方法

 

それは、「一緒に学ぶ!」こと。

 

子どもに英語を「教える」必要はありません。
アットホーム留学では、英語はコミュニケーリョンツールのひとつだからこそ、親子の会話の中で育むもの、と考えています。

 

「一緒に学ぶ」とは、テキストを「勉強」することではなく、親子の会話の中に英語を少しずつ入れていくこと、子どもにあったアプローチで英語への興味を引き出していくこと、です。

 

子どもにとってもメリットが多い

 

ママ・パパが苦手なものを、子どもたちに「あなたはやりなさい」と押し付けられて、ヤル気になるでしょうか。

 

ママ・パパが苦手だからこそ、押し付けではなく、子どもたちと同じ目線で、一緒に英語を学ぶことができるんです。

 

「ママも英語話せるようになりたいから、ちょっと言ってみるね。」と宣言してから、英語を口にしてもいいでしょう。

「この発音難しいね。」

「これって英語でなんて言うのかな〜。」

 

という会話が日常にあると「英語=勉強しなきゃ」ではなく、ママ・パパとのコミュニケーションのネタの一つになっていきます。

 

 

親子英会話の始め方はプチ英語をプラスすることから

 

まずはママ・パパの独り言でもいいんです。

子どもが反応しやすい

「Oh, my …(おっとっと…)」とか

「Amazing!(すごっ!)」とか

「Bingo!(正解!)」とか

「これって英語だとなんて言うのかな〜、調べちゃお!」とかもいいですね。

 

 

我が家の小1息子(マスター)は、たまごの話も、形の話もしていないのに、急に

「タマゴ型って英語でなんて言うの?」と言い出したりします。

 

 

身近なものを英語に置き換えられないかを一緒に調べる、というのは興味を持つのにとっても効果的です。
英語を調べるのって、メンドくさく思うかもしれないけど、やりやすい調べ方をしつもん力動画セミナーでも教えてもらえますよ。
我が家は、この方法に変えてから、グッと調べる回数が増えました!

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
かさい ゆう子
かさい ゆう子
家族:小2息子(マスター)と2人暮らし【東京・新宿区】
フルタイムシンママでもできた! 時短OK!ながらOK! 子どもたちの地力を伸ばすプチ親子英会話をお伝えしています。
CTA画像