島国ニッポンには、固有の「日本語」があるから、日本人なのに「英語」を話しているのがあまりメジャーではありません。
子どもたちもそれを敏感に感じとっているから、「英語を話すのは(注目されたり、見られるから)恥ずかしい」と思い、嫌がる子も多いのが現状です。

「恥ずかしくないから大丈夫!」と無理強いしては、ますます口を閉ざす可能性が・・・。
そんな時、どうすればいいのでしょうか。

 

 

何も否定されない場所を作る

 

子どもたちが恥ずかしいと思うのは、何かしら否定されたり、注目されたりした経験があったからでしょう。
自分の言葉を否定されず、受け止めてくれる場所があれば、安心して口にできるようになります。

 

そんな場所は、やはり家庭

 

たとえそれが間違っていたり、おかしな発音だったとしても、

 

「Good try!(よく頑張ったね!)」

 

とまずは受け止めてあげましょう。

 

 

一緒に学び、練習するから自信になる

 

キレイな正しい発音じゃないと、恥ずかしくて英語を口にできない、というママたちもいますね。
ちょっと、マジメに考えすぎているかも。

 

ネイティブがみんな、キレイな発音してるわけではありません。
日本語だってそうです。

 

ママが英語の発音が上手じゃなくてもいいんです。

 

 

「ママも英語上手になりたいから一緒に練習しよう!」

 

「マキ先生みたいに言ってみよう!」

 

 

そんな風に、どんな英語でも否定されない「おうち環境」を作ってしまいましょう。
子どもたちだってママも一緒で、安心できるお家の中なら抵抗なく英語を口にすることができるようになります。

 

子どもが好きな言葉をみつける

 

子どもたちに、いきなり正しい英語を話せ、というのもそもそも無理があるので、一言の真似できるフレーズを日常的に使うことがオススメです。

 

それにはやっぱり、ほめ言葉が一番!

 

聞いて嬉しい言葉、笑顔で言ってくれる言葉が気持ちよく耳に残ります。

 

 

我が家の小1息子は、ほめ言葉をかなりマスターしてますよ。

お気に入りは

「Good job!」

「Marvelous!」

 

アットホーム留学のしつもん力動画セミナーの中にも、「一言で伝わるほめ言葉」というレッスンがあります。

親子英会話は、ほめ言葉から!
安心して英語を口にできるおうち環境づくりをはじめましょう。

PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
かさい ゆう子
かさい ゆう子
家族:小1息子(マスター)と2人暮らし【東京・新宿区】
フルタイムシンママでもできた! 時短OK!ながらOK! 子どもたちの地力を伸ばすプチ親子英会話をお伝えしています。
PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像