0,1,2歳の子どもと英語で会話するとしたら、
どんな内容になりそうですか?

言葉が話せただけで、感動する乳児期に、
英会話をするというのは、
イメージがわかないかもしれません。

以前、私は
“会話は相手と言葉を受け答えするもの”
だと思っていました。

今は、
“会話は相手と言葉でなくても伝え合うもの”
だと思います。

だから、0,1,2歳の子どもでも
親子で英会話ができます。

息子が0歳・2歳だったときの我が家の環境

私がアットホーム留学に出会ったのは、
息子たちが2歳半と6か月のときです。

アットホーム留学に出会う前は、
英語の絵本を読んだり、
英語の歌を流したり、
私が歌ったりするくらいで、
英会話をすることはほぼありませんでした。

英語を嫌いになってほしくない
という思いが強く、
深く踏み込んでいなかったのも事実です。

ただ、やっぱり英語で会話ができたらいいな
という思いも沸々してきて・・

英語で楽しく会話するには
どうすればいいかなと模索していたところ、
アットホーム留学プロデューサーのマキ先生
の無料メルマガを見つけ、読み始めました。

メルマガで紹介されていた
マキ先生と娘のOjojoちゃんとの会話が
まさに私が理想としていたものでした。

その理想の会話を息子としたくて
マキ先生に会いにいきました。

息子が3歳・5歳になった現在の我が家の環境

そして、現在、
長男さーくんは5歳になり、
次男せーくんは3歳になりました。

アットホーム留学つうしんこうざを
学んで3年目になります。

楽しく親子の英会話をする
ことを一番大切にしている我が家。

普段の会話は日本語が9割くらいですが、
英語も違和感なく、会話に出てきます。

私がおうちでしていることは、

・褒め言葉は英語
・I love you.を伝える
・ワクワクしているときに
 英語で話しかけてみる
・つうしんこうざのフレーズを使う
・英語を話せると楽しいことが
 たくさんあることを伝える
・息子が英語を言ったり、
 言おうとしたら、笑顔になる!

いつも上手くいくわけではありません。

絵本を英語で読もうとしたら
→日本語で言って!!

フォニックスを音から伝えてみたら
→カタカナの音で返ってくる

上手くいかないときは、
否定せずに、さらっと流すようにしています。

Ready, set, GO!と言って走り出す息子

そして、今日
3歳のせーくんから
「せーくん、英語好きー」
と嬉しい言葉をもらいました!

思い返せば、せーくんは0歳の頃から
何気ないとき、抱っこしたときに、
独り言のように、でも笑顔で
You are so adorable!
と伝えています。
すると、せーくんも笑顔になります。

他にも、
さーくんもせーくんも
お気に入りのぬいぐるみに
「I love you ^^」
と自然に言ったり、

幼稚園の送迎の時に、
突然”T”の文字を探したり、
英語が自然な環境になっています。

英語の環境が当たり前になると、よくある会話が自然と英会話に

特に、次男せーくんは
英語を抵抗なく受け入れています。
それは、せーくんが
私と長男さーくんの会話を
0歳の頃から聞いているのも理由の一つです。

ある日の次男せーくんとの会話です。

車で走っていると、
パワーショベルなど大好きな工事の車が見えて、

せー:おかあさん、ざっくざっく見えたよ!
私: Good for you!
  お母さんも少し見えたよ!
  いろんな色があったね。

せー:ぶどうの色に、黄色に。。
   見えたよ!
私: Wow! Purple, yellow..
  What color was cool?
  どの色がかっこよかった?

せー:うーーん、ぶどう‼︎

私: That’s nice!
Why did you choose purple?
   何で紫がかっこいいの?
せー:うーーん、すきやから!

私: I see!
  purpleが好きやで、
  かっこいいと思ったんやね!
せー:うん、そう!
私: Good reason!

せー:おかあさんは何色がいい?

3年前までは、せーくんとこんな会話ができる
と想像していませんでした。

0,1,2歳はママが思っているような会話・対話が
できないかもしれません。

でもよく観察すると、反応していたり、
ちゃんと耳では聞いていて、
思わぬ時にアウトプットすることがあります。

今回のせーくんとの会話も
せーくんは英語は話してはいません。
でも、私が発する英語に何の不思議もなく、
自然な流れで会話が進んでいます。

会話の中に英語が溶け込んでいる

私が理想としてる会話です。

0歳の赤ちゃんにも、
笑顔で愛情を伝えると、
笑顔で返事をしてくれます。
私はこれも立派な会話・対話だと思っています。
英語で笑顔の対話を続けると、
それが英語でも日本語でも心地よい環境になります。

分かっていないから・・
と思って黙って対応するのと、
伝わってほしいから、
ママの気持ちを言語化するのと、
何でも吸収する0,1,2歳の子どもたちに
とっていいのは、
親子で会話・対話をしていくことだと思います。

そこに英語を一言でもいいので、入れていくと
それが当たり前の環境になります♪

小さいころからの環境作り、
すぐに効果は表れなくても、
親子にとってかけがえのない時間を過ごしてください!

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
yumi
yumi
家族:年長息子(さーくん)、年少息子(せーくん)、ダンナさんの4人家族
親子にとって大切なコミュニケーションをアットホーム留学を通じて楽しく学んでます!
CTA画像