褒めて育てたい!

子どもを褒めて育てましょうって、よく聞きますよね。
皆さんも耳にしたことや、取り入れている方もいらっしゃると思います。
私も取り入れよう!と試みた結果、うまくいきませんでした。
今回は「私がうまくいかなかった理由」と「親子英会話を始めたから分かったこと」を書きたいと思います。

なぜ褒めて育てたいと思ったのか?

3人目を出産してから時間や心の余裕がなくなり、5才長女と3才長男にイライラしてしまうことが多くなりました。
本当はそんなことをいいたくないのに、口から些細な不満が出てしまっていました。
このままでは傷つけるばかりの毎日を送ってしまう。
怒りたくない!と思い「イライラしない方法」や、「子どものダメなほめ方 ・いいほめ方」などを
検索したり、本やコラムを読んだりしていました。

私がうまくいかなかった理由

「褒める」ができない!わからない!

本を読み、コツや注意を頭に入れ、いざ褒める育児だ!と意気込むも。。。
具体的に「こういう時はこう言いましょう。」というものが掴めていなかったので
一体どのタイミングで?言葉は何が正解?と疑問に思いながら会話・リアクションをしていました。
子どもはというと、褒められたと思っていない反応と表情でした。
全く解決にはならず、むしろ悩みが増えることになりました。

アットホーム留学との出会い

結果、正しいのか?間違っているのか?ともやもや、イライラしていました。
そんな時に出会ったのがマキ先生のメールマガジンです。
始めは英語を取り入れたい!という違う目的からマキ先生の個別相談を受けました。
が、英語としてではなく、自分の育児が必要としていたものはこれだったんだ!
という運命のようなものを感じセミナーを受講することにしました。

しつもん力のセミナーを受けて、気が付けた”褒める”とは。

セミナーを受け始め、会話を記録してみるとなんで褒めるタイミングが違和感だらけだったのか?

ということに気が付くことができました。

なぜなら、記録として可視化すると客観的に「読む」のでなんでここでこう言ったの?

と自分の会話の疑問点が浮かび上がってくるのです。

 

そしてなぜ「褒める」ができなかったのか?違和感だらけだったのか?が

まさにAha!!!とわかるようになりました。

そして、自分が今までしてきたものは”褒める”とは全く違う視点だったのです。

今までホメていたつもりの会話とは

まず、セミナー受講前にしていた”ほめる”ですが、とにかく「すごい!」「えらい!」といった一言でした。
タイミングも、気が付いた時や聞かれたときに言うだけでおしまい。
コトバだけ言えばいいようになっていました。
いいねー!すごいねー!やったね!上手にできるね!
読んでお分かりになると思いますが会話ではありません。
次がないのです。

親子英会話を始めたから分かった3つの事

記録をして分かった3つの事

・自分の会話のクセと子どもへの受け答えパターン

・褒めるタイミング

・英語で褒めるメリット

この2つのことが可視化されて初めて認識できました。

・自分の会話のクセと子どもへの受け答えパターン

会話のクセ、私の場合は子どもが疑問をぶつけてきてくれた時

その返しですぐに「なぜそうおもうの?」と聞いていました。

するとほとんどの場合で「わかんない」で会話が終わります。

そして、日本語での褒め言葉がほとんど「すごい!」「えらい!」しか言っていないことがわかりました。

・褒めるタイミング

今までの会話では実際に結果がいい時に「すごい!」「えらい!」と言っていました。

結果がなければ褒めていないということです。

記録を見て、本当にうれしかったのは疑問をぶつけてきてくれた時だ!と気が付くことができました。

・英語で褒めるメリット

そして、英語で褒めるメリットです。

なんといっても、感情が伝わりやすいのです。

我が家で頻出する「Good job!!!」「Good question!!!」は

子どもが本当にうれしそうに笑います。

言う側としてもテンションが上がるのでお互いに笑顔になれました。

アットホーム留学®で手に入れることができた新しい視点

私は、記録をすることで会話が自分本位で子どもにとって楽しくないものであったと気が付きました。

さらにこれからの社会では英語のコミュニケーション能力が必要不可欠です。

コミュニケーションは使っていかなければ向上しません。

一番身近な家族と毎日、少しづつ練習できる環境があれば

子どもたちに誰にも負けない強みを持ってもらえると思いませんか?

私は、自分が今まで気が付かなかった視点が持てて子どもたちとの時間を

楽しめるようになりました。

しつもん力セミナーって?

英語×子育て=
しつもん力があれば無限大の可能性!

しつもん力セミナーを

もっと詳しく知りたい!方は
▷▷今すぐこちらをチェック◁◁

しつもん力セミナー

無料音声メルマガ登録

アットホーム留学そのものを知りたい!
普段の親子の会話英語を取り入れたい!
という方は、
今すぐ
無料「音声」
メルマガにご登録ください。

メルマガ

(ezwebの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので
パソコンのアドレスをおすすめいたします。) 

PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像

Comments

  1. 写真が可愛いですね!
    まさに同じです。
    日本語だと、褒め言葉自体がマンネリだし、タイミング難しいです。
    英語だと、何か言われたら、How nice!楽しげに言えるのが良いですよね。

    • ゆうりさん
      ありがとうございます!
      日本語だとタイミングが分からなくなってしまうのに、英語だとピッタリくるのは面白いですよね!
      ワンフレーズだけでも効果があるので使わなきゃ損ですね!

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
ごとうしおり
ごとうしおり
家族:6歳長女(負けず嫌い)4歳息子(いたずらっ子)1歳半次女あたち(最強末っ子+息子と顔が同じ)と夫の5人家族
子どもには英語を話せるようになって、日本という枠にとらわれない人生を選べるようになってほしい。その思いからアットホーム留学に出会い、実践しています。主にいたずらされた時や実験が好きです。
PRESENT
\子どもの発想力と会話力を育てる/
親子英会話がバッチリわかる
小冊子無料プレゼント中
CTA画像