1. 私、アットホーム留学に出会って
今までの親子の会話が
指示、命令、事実確認ばかりだった!
と愕然とした1人

親子英会話を学びたくて出会った

アットホーム留学なのに

日本語の親子の会話があれ??

こんな気づきをするママさんって

実はけっこう多いんですよ。

英語だけでなくて日本語や他の言語でも
Wants :何かが欲しい・何かをやってみたい気持ち
Need :何か必要とする気持ち
そんな「何かを・・・」の気持ちが原動力になり
とにかく伝えたい
だから、伝えるためには
言葉を、英語をもっと知りたい!!
そんな気持ちがムクムクと湧いてきて

言葉を学ぶ

この自然の気持ちって

めちゃくちゃ最強だと思いませんか?

でも
母国語でさえ、
伝えたい気持ちが原動力にならない
なんとも面白みに欠ける
指示・命令・事実確認の親子の会話を
毎日ただただ繰り返していたことに
気付いた私。
とにかく愕然として焦ったわけです

伝えたい気持ちの原動力を意識する会話?

なんだか難しい・・・

なんとなくイメージはつくけど
どんな風にやってみるの?

ですよね。

サンシャインマキ先生は
どんな会話にも意味があって
日常会話は学びの宝庫!

と宣言して

何より親子の会話を自らが一番に

心から楽しんでいるんですよ

どんな感じに?
気になりますよね。

マキ先生親子の会話

家に帰ってきて少し

休憩するのに、本が読みたい!

と部屋に消えていったOjojo・・・

「ママ、Come here〜♡」
あのぅ。そんな
甘い声出されても困るわぁ笑
Why?
「ママ、あいだってbetweenだっけ?」
Yes!
「ママ、Can you get down
ドラえもん book between
fish book and ちびまる子ちゃん
because…高すぎて届かないの。」
OH, I see…
一番上のshelfで届かないのね。
I’d love to♡喜んで!
Ojojoの欲求
ママ、来て、とって欲しい。
ママが、理由なく
Ojojoの代わりにとってくれないこと
Ojojoは知ってます。

 

なのでしっかり
理由まで伝えてくる・・笑
お見事だよ。

ここで違和感、感じますか?

あれ??
あのサンシャインマキ先生の娘さんって
英語ペラペラじゃないの??
私達が中学英語で習った位の英語で
日本語も入れながら会話しているの??
そうなんですよ。
私の娘とも、
これからアットホーム留学を始めよう!
と思っているママさんの子供とも

英語をネイティブのように話せるか?

という点では

すごく大きな違いがあるわけではないんです

英語が喋れるか?出来るか?
よりも
パパ・ママが英語の楽しさの先生になること
これからの未来を生き抜く子供達に

何より必要なのは英語で伝えられること

この部分を大切にしているのが
アットホーム留学
そしてそれを、実践しているのがマキ先生とOjojoちゃん
だから我が家の子供達も
マキ先生とOjojoが大好きなんですよ♡
これからAIの翻訳機能も
次々に進化して
もしかしたら
英語を学ばなくても
英語の会話が出来るような世の中に

なるかもしれません

そんな時に
ちょっとした会話を

AIに頼るか?

それとも間違ってもいいから
自分の言葉で伝えたい!

そんな気持ちを持つ子供に育てたいか?

皆さんはどちら?

これから子供達とどんな学びを

選択しますか?

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
はなさわあや
はなさわあや
家族:小6(クール長男)小4(おしゃべり長女) 年長(わんぱく次男)と夫の5人家族
親子の会話にちょっぴり英語を取り入れて幸せ家族に♡ 3人の子供達が幸せな未来をつかみ取れるために アットホーム留学を実践しながらお楽しみ中です。
CTA画像