雑貨屋は好きですか?私は大好きです。洒落た雑貨屋も素敵ですが、手軽で面白いのは100円ショップですね!

子どもにとってはおもちゃ屋と同等のようで「あれほしい」「これ買って」など、手当たり次第ねだられます。

(100円ならいいかあ…)と思いたくなってしまうのですが、この小さな積み重ねが将来のこの子をつくるのだと思い直して、毎回「交渉」に励むようにしています。

 

1. 5歳児との交渉記録~100円ショップ~

 

長男「あれかわいいな~」

私「そうだね、かわいいね」

長男「買って!」

私「今日はそれを買いにきたんじゃないよ」

長男「え~、あ!これは?」

私「それも買いにきてないよ」

長男「なんだったら買ってくれるの!?」

私「何を買いにきたんだっけ?」

長男「クリスマスの飾り」

私「Good!よく覚えてたね」

「今日の目的」をママが言わずに、子どもに言ってもらうと、あっさり引き下がりました。

そこまで欲しく無かったのかと思います。

 

この日は100円ショップのほかにも300円ショップにも寄り、長男はそこで欲しいものを見つけました。

 

2. 5歳児との交渉記録~300円ショップの1000円商品~

 

長男「わ~かわいい~!」

私「なになに?」

長男「これ!すっごくかわいい!ほしいな~」

私「これは何だろね、箱かな?」

パトカーやバスの絵柄の蓋つきの箱です。

おもちゃ箱

 

~300円ショップの1000円商品~私が購入をためらう理由

  • おもちゃを入れる箱なら既にある
  • 箱を新たに置くところはないので、整理をしないといけない
  • けんに買ったらたけるにも買う
  • 2つで2千円(300円ショップなのに!)
  • 食材の買い物がまだこれから
  • 持ち帰るのが重い

 

~300円ショップの1000円商品~私が購入を決めた理由

 

長男「うん!これで車ごっこするんだ!」

私「I see. これ、おもちゃを入れたりできるね。小さいポケットもついてるんだね」

長男「うん、そうそう!ねえこれ買ってほしいな」

私「おもちゃをいれる箱なら、家にもあるよ」

長男「でもさ、これだったら上に乗って遊べるよ」

私「I see. 確かにね!遊べるおもちゃ箱も家にあるよ」

長男「あれは動かないし電車だから」

※蓋が電車の運転席になるおもちゃ箱=上に乗れない、動かないという理由

私「そうだねぇ」

長男「これだったら、ぼく、すぐにお片付けするよ!

私「ほんと?Really?この箱だったら、お片付けできる?」

長男「うん!パッパッパってやっちゃうよ」

私「O~K~! それなら買おう」

長男「やったーー!!」

 

3. 5歳児との交渉で得たもの

 

①長男は「欲しいもの」を手に入れた

おもちゃを買うのは「特別な時」なので、それ以外でほしいものがあっても、ママはなかなか買いません。

粘って粘って買ってもらえた喜びは、大人が思う以上なのかもしれないです。

 

②私は「お片付け」が楽になった

このおもちゃ箱を買ったことで、おもちゃの収納方法を変更しました。

 

■BEFORE■

箱ごとに大まかにグループを分けていました。

  • 乗り物全般
  • プラレール
  • ぬいぐるみ
  • おままごと
  • その他

■AFTER■

2人の好きなものをそれぞれ「自分のおもちゃ箱」に入れました。

今まで考えなかった収納方法ですが、以前よりも片付けが楽になりました!

 

「自分のおもちゃ箱」に「お気に入りだけ」をしまう意識ができる

普段はそれぞれのおもちゃ箱1つずつで完結する

最後に「駐車しまーす」など楽しく片付けを完了できる

自分でした約束「お片付けをする」を守ろうとする

 

4. まとめ~「交渉」は考える力と伝える力がUPする~

 

今回の経験を通して、長男は「買って買って~!」では買ってもらえないものも、説得により買ってもらえることがある、ということがわかりました。

自分で考えて、伝えることにより、相手の気持ちが動いたのは、大きな成功体験です。

 

今回は我が家にとっても特別な出来事でした。毎回は買えません。

「テレビが観たい」や「おやつが食べたい」など、よくある出来事も交渉材料にぴったりです。

 

お互いの主張をぶつけ合うのではなく、お互いが納得しあえるような「交渉」を目指して、親子で考える力と伝える力をつけていきましょう。

 

 

 

 

CTA画像

Comments

  1. Makiさん、コメントありがとうございます!

    最近ではむしろ次男が、探しものを自分のおもちゃ箱から始めていて、何かと効果を感じています。

    ありがとうございました。

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
たかしま かほり
家族:6歳息子、3歳息子、夫の4人家族
子どもの「やりたい」「これが好き」に寄り添えるようになったら、会話が楽しくなりました。行動が愛おしくなりました。日本語を楽しみながら、毎日ほんの少しの英語を取り入れる日々です。 お母さんが楽しいものは、強制をしなくても子どもは好きになる、と実感しています。
CTA画像