冬の時期になると、家の寒い場所にダンボール入りのミカンが置いてあるのが、我が家の風景。
夕飯後に毎日1つ食べるのですが、そのミカンtimeが楽しくなるよう、5つのミッションにトライしてみました!

とにかく簡単、なのに盛り上がる!
プラス、感性を磨きながら、英語の声掛けもできちゃう。

アットホーム留学のおうち英語は、教材がなくても大丈夫。
目の前にある物や子どもの興味がある物だけで、英語を学ぶことができます。

ぜひ、この時期ならではのミカンを使って、親子で楽しんでみてくださいね。

①How many mikan can you stack? みかん何個詰めるかな?

one、two、three…」数を数えるのはもちろん
You did it!」できた
Good try!」おしい
Try again.」もう1回やってみて

目で見ながら、指先の感覚を研ぎ澄まし、積み上げる。
とっても簡単なミッションだけど、想像以上に盛り上がります。

②Which is Heavier? どっちが重い?

手のひらに乗せて、どちらのミカンが重いかを比べます。全てのミカンを比べて、最終的に一番重いミカンを決めます。

Which Is Heavier, this one or that one?
Not clear」うーん、わからない。
It’s hard」難しい
It’s easy」簡単!

一番重いミカンが決まったら、実際に重さを測ります!

exactly!」その通り!
difference…」違った

ミカンの重さの違いを感じ取るのは、大人でもとても難しい…
だからこそ、正解したときの喜びも、ひとしおです!

③How many mikan are there? みかんの房は何個だろう?

1個のミカンに入っている房の数を想像します。ちょっとしたことだけど、数を予想するだけで、ミカンの皮むきがワクワクします。

④How long is mikan’s peel? 皮の長さはどのくらい?

ミカンの皮を、どのくらい長く剥けるか挑戦します。
ミカンの皮はとても柔らかいので、自分の手だけを使って自由に剥くことができます。リンゴのように回転させながら皮を剥くと、長く剥くことができます。
手先をうまく使いながら、長く剥くには剥くには、集中力や観察力も重要になってきます。

➄What does it look like? 何に見える?

剥いた皮を、切ったり並べたり。自由に使って、様々なカタチを作ってみるのも面白いですよ。

What does it look like?
cat!
That’s right!

テーマを決めて同じ物を作ってみたり。クイズにしたり。たくさんチャレンジして、創造力を育てちゃいましょう!

目の前の物から、会話を広げる方法はコレ!

アットホーム留学の「しつもん力セミナー」では、【たった1つのモノから100の会話を生み出せる】質問のパターンを学ぶワークがあります。しかも英語での質問が簡単に作れるようになるのです!

このパターンがわかるようになると、ミカンからでも100個の会話が作れるようになります。

子どもの興味を引き出す会話がどんどん出てくる秘訣は、おうち英語環境にアリ!
下記の小冊子で、その秘訣をぜひ手に入れてください!

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
mika
家族:長女(小1)& 長男(年少)
子供を「愛する」ってどういうこと?自問自答を繰り返した私が、いつの間にか「I love you」が日常に! 子どもへの声掛けが変わったら、家族にも自分にも「It’s OK」が出せ、心がラクに!
CTA画像