• 「子供だけのレッスンはないのですか?」
「子供には英語が話せるようになってほしいのですが・・」
皆さんも、上記のような気持ちをお持ちではないでしょうか。
サンシャイン・マキ先生がプロデュースするアットホーム留学では、
「英語に苦手意識をもつ人をなくしたい」
「感性で世界をつなげたい」
という思いから生まれました。
 各、ご家庭に合った形で
カスタマイズすることで英語をより身近に
感じ、感性を豊かにして頂くのが
アットホーム留学スタイルです。
サンシャイン・マキ先生をはじめ、アットホーム留学ティーチャーは、
個別相談を行っており、そこで各ご家庭に合ったアドバイスを行っています。
例えば…
ママが忙しくて、お子さんとの時間がなかなかとれないんです…
子供には英語を習わせたいけど、英語が嫌いって言われてしまいました…
さて、皆さんもこんな悩み、感じたことはないでしょう。
個別相談では、それぞれのご家庭の悩みをお聞きし、ご家庭の状況に合わせた方法で、一緒にそれぞれのご家庭での英語の悩みに寄り添います。
  • ・子供の将来、英語が大事だと思うけど
  • 何から手をつけたらいいかわからない。
  • ・ずっと英会話教室に通っているけど、
  • このままでいいの?
  • ・家でも英語を取り入れてみたいけど、
  • 肝心の親が英語苦手・・・。
  • ・英語で会話しようとすると、子供から
    「いや」とか「日本語で!」
  • と言われてしまう。
  • ・最近、親子の会話が減ってきたなぁ…
そんな風に思っていらっしゃる方こそ、
アットホーム留学を
ぜひ体験して頂きたいです。
そして、
子供たち自ら、学びたいという
意志と動機をしっかり持つことができ、
 学んだことを活かせる環境を作ることも必要です。
特に、「環境」の中で一番大切なのが、
一番子供たちがくつろいでいられる
家での環境です。
 家の中でどれほど家族で
英語を存在させることができるかです。
例えば、
子供が、学校の英語の授業で
「Do you like ⚪⚪?」
「I like ⚪⚪」
という表現をお勉強しました。
⚪⚪には、何を入れましょうか…。
もし、家の中で英語が存在しない環境であれば、
学校の授業以外の場所で、せっかく覚えた表現を使う機会がないでしょう。
英語が存在する環境であれば、
「今日の晩ごはんは、カレーだよ!!」
「Do you like curry?」
「I like curry」
なんていう、楽しそうな親子の会話が
聞こえてきそうですね。
そうです!!
英語は、親が「必要」だと思うから
学ばせるのではなく、
子供が、自ら学びたい! 英語って楽しい!
と思える環境を作ってあげることが大切です。
ぜひ、アットホーム留学で、一緒にそんな楽しい家での環境を作っていきませんか。
CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
hohochan
hohochan
家族:
助産師として子育て支援を行う中、アットホーム留学でキラキラ輝くママと子ども達に出会い感動! 親子さんに寄り添い、楽しくアットホーム留学の魅力を伝えていきます♬︎♡
CTA画像