「英語は早い方がいい」
「ネイティブから習った方がいい」
そんな思いで英語教室に通わせていても、思ったような効果が見られらないこと、ありませんか。

英語教室ではわからない、英語の学習法  。
「英語学習」の解決法は「英語教室」ではなく、別のところにありました。

 

 

英語ができるようになってほしいから英語教室?

「英語を習わせるなら早い方がいい」というのはよく聞く話で、我が家も3歳から英語教室へ通わせていました。

ところが、
遊んでばかりで集中力がない、
先生の話を全然聞いてない、
習ったことを家で口にすることもない。。。

そこで私が口にしてたのは、

「ちゃんと座ってなさい!」
「先生に言われた通りにやって!」

英語を学ばせたい、と思って通っていたのに、英語にたどり着く前段階でつまづいていたのです。これでは当然、期待するような効果やアウトプットも得られませんでした。

 

なぜ思うような効果を得られなかったのか

ただ漠然と「英語ができるように」なってほしいという思いで英語教室へ行かせていて、目標設定やゴールのイメージを持たないままだったことに、アットホーム留学の個別相談を受けて初めて気が付きました。

 

「英語教室でちゃんと座って話が聞けない」のは、なぜなのか。

 

 

それは、息子にとって興味のある内容ではなかったから。

 

動物のキャラクターが、お城の話をしていても、全くリアリティがなかったんです。
見たこともないようなイラストに、色を塗っても楽しくなかったんです。

 

 

どんな内容なら興味があるのかを知るための、親子の会話

「興味」があることが何なのかも知らなかった私は、息子の「好きなもの」「興味があること」を片っ端から探すところからスタートしました。

 

探る中でわかったことは、、、
これは、3年前の実際の記録です。

 

好きなもの、ホントはたくさんある (電車、新幹線、緊急車輌、楽器、お料理…)。

好きなもの、興味は刻々と移り変わる。

今、何を見てるのか、何を考えているのか、何が面白いのか、に気持ちを向けると、今聞くといい質問が聞けて、面白い答えが返ってくる。

いつも質問していることを覚えて、質問してくる。自分でアレンジして聞いてくるようになる。

(息子との会話の記録のプレゼン資料より)

 

息子の興味があるものを探るためには、質問と会話が欠かせませんでした。

それを学んだのが、アットホーム留学しつもん力セミナーです。今は、動画にもなっています。
家の中の会話の変化が、親子の関係性の変化のきっかけにもなりました。

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
かさい ゆう子
かさい ゆう子
家族:小2息子(マスター)と2人暮らし【東京・新宿区】
フルタイムシンママでもできた! 時短OK!ながらOK! 子どもたちの地力を伸ばすプチ親子英会話をお伝えしています。
CTA画像