Hello♪

親子の英会話で
子どもたちの英語力と自己肯定感が
抜群に伸びる
今までになかった英語楽習
アットホーム留学ティーチャー
宮坂美輝です。

前回はインターナショナルスクールでの苦い思い出。
そこを乗り越え帰国。
しかし待っていたのはカルチャーショック…

帰国後は英語力をキープする為に英語教室に通い、
少し難しい時事英語などにも取り組んでいました。
難しい単語を勉強すること、
それだけで英語での
コミュニケーション力はupしませんでした。

両親が私のためを思って
帰国子女枠がある学校を
選んでくれました。

しかし
帰国後
ある意味カルチャーショックを受けていました。
みんなが同じような髪型、ライフスタイル
昔感じていた
みんなと同じでなければいけない雰囲気。
周りに上手くついていけない。

違和感だけが心の中でずっと燻っていて、
毎日がなんとなく生きていたら終わっていく。
このままで良いのかな?
自分の思いを言葉にすることが怖く、
反抗という形でしか表現できず、
泣きながら親に訴え
留学させてもらえることになりました。

ある程度英語でコミュニケーションが
取れるようになっているはずなのに
オーストラリアのホーストファミリーとは
打ち解けられない。
一人部屋に籠ってひたすら勉強。

現地の日本人が少ない
(私の他に2人のみ、中国籍6人ほど)
学校を選んだけれど、中々現地の子達に話しかけられない。
自分から寄っていかないと!と自分を奮い立たせ
ジャズバンドや合唱の部活にも参加しましたが、
中々進展しませんでした。
結局ESL(英語が第二カ国語)のクラスで
よく会う中国籍の子たちと一緒にいることが多くなりました。

ストレスを抱え、体調を崩し、
帰国後から英語への愛情よりも
私は誰?どうありたい?どこに向かってるの?
自分で答えがみつけられず見失っていて、
次第に心が悲鳴をあげていきました。

自己肯定感が低いことで
体験してしまっていた出来事。
当時はそのことがわからず、
ただ内側で生きづらさを感じながら
必死に自分を探していました。

その場その場でなんとなく凌いでこられた。
だけど心の底から楽しめたことがない。
いつも人の顔色、口調などを気にして疲れてしまう。

自分の心にある本当の意見が言えない。
自分の人生なのに、
誰の幸せの為に誰の価値観で生きてるのか。
それらすべて気が付かず、
答えが見つからないまま就活に突入。

続く…

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
宮坂 美輝
家族:3歳女子、夫、との3人家族+16歳ワンコ
親子の英会話で 子どもたちの英語力と自己肯定感が抜群に伸びる➚ 今までになかった英語楽習 アットホーム留学ティーチャー 宮坂美輝です。
CTA画像