自分の子どもを褒める時はどんな時ですか?
子どもの長所はどんなところですか?

この質問にすらすら答えられる方も
いるだろうし、
えっと・・・と詰まってしまう方も
いると思います。

私は以前、
褒める時=何かできた時
と考えていました。

私自身、褒められることが
慣れていませんでした。
なぜなら、
自分に自信がなかったからです。

自分が「できた!」と
達成感がないのに、
褒められると、
素直に受け取れない自分がいました。

そんな私が自分を受け入れ、
息子たちにも
褒め言葉やプラスの言葉がけができるように
なったのは、
英語で伝えることを意識したからです。

どんな時に褒め言葉を伝えるのか

私が息子たちに声をかける多くは、
息子たちが
自分で考えたことを伝えてくれたり
思いを話してくれた時です。

なぜなら、
会話力をコミュニケーション力を
私自身も、息子たちにも
つけたいからです。

特に、5歳長男さーくんは
自分の気持ちを相手に伝えるのが、
すぐできなかったり、
我慢をすることがあります。

どんなことでも、
さーくんが思いを伝えてくれた時は、
Good thinking!
I like your idea!
That’s interesting!
How nice!
Wonderful!!
と笑顔で伝えてます。

特に、私の中で
Good thinking!
I like your idea!
はお気に入りです。

Good thinking!
(いい考えだね!)

さーくんと話していて、
よく使うフレーズです。
さーくんの考えたことを受け入れたよ、
という意味も含めて伝えてます。

(お風呂前)
さー:今日おかあさんの髪の毛
   いっぱい乾かして。
その間に、
   さーが折り紙の準備しとくで。
(折り紙が寝る前にしたくなったようで・・)
私: Good thinking!
   OK! ゆっくり乾かすわ!
   それじゃあ、歯磨きも先にしとく?
さー:そうする!
   さーの髪の毛は早く乾くように
   タオルでめちゃ拭くわ!!
私: Nice idea^^

この他にも、
私がしつもんしたことに対して、
考えて伝えてくれたときは、
意図していなかったことでも、
伝えています。

I like your idea!
(その考えいいね!)

さーくんの自信につながったフレーズです。

さー:いい考えがあって、
   さーの車や電車いっぱい使うわ!
   お母さんは見たらあかんよー^^
私: OK!
   楽しみにしとるわー♫

(できたようで・・)
さー:おかあさん、見てー!!
私:  Wow!! Amazing!
さー:街つくったん♫
   ここでは工事しとるよー。
   電車も走っとるし、
   動物たちも見とるよ。
私:  I like your idea!!
   Awesome!!
   サファリバスもおるし、
   高所作業車もお仕事しとるね!
さー:これ電柱やで!
私: Great idea!!

車と電車のおもちゃを床に並べたジオラマ風

おやつをどうするか提案したり、
お風呂までの時間の過ごし方を
伝えてくれたりする時に
このフレーズを使ってます。

さーくんからも、
「I love you ダーでしょ⁉
お母さんはさーの考えが好き⁉^^」
と先回りされたことも笑
(↑ I love your idea!と言いたかったようです^^)

 

この2つのフレーズがお気に入りなのは、
さーくん自身を認めて、
私の感情も端的に伝えられるからです。

英語で褒めることの3つのメリット

英語で伝えることで3ついいことがあります。

1. いろんな言い方でたくさん伝えることができる!

英語の褒め言葉はいろんな表現があります。
日本語で「すごい!」という言葉も、
英語にすると、

Great!
Super!
Wonderful!
Awosome!
Cool!

など、たくさんあります。

最初のうちは、
お気に入りのをいくつか決めておくと、
使いやすいです!

2. 明るい雰囲気になりやすい!

英語で褒め言葉を伝える時は
平常よりテンション高く、
自然と笑顔になります。
そして、それを聞いた子どもたちも
嬉しそうにするので、
幸せな空気が流れます。

表情だけでなく、
ジェスチャー付きで伝えると、
(拍手したり、Goodの手のポーズをしたり)
楽しい雰囲気にもなります♪

3. 承認欲求に応えることができる!

英語の褒め言葉は、
子ども自身を認める声掛けが多いと思います。
日本語だと少し、照れてしまうことも、
英語だとさらっと言えてしまう。

「できた」ことを褒めるだけではなく、
「できて」も「できなくても」
その過程を見ていたことを
伝えることができます。
子ども自身の存在を認める声掛けが
たくさんできます。

子どもからの承認欲求を受けて、
すぐに応えることができるのが、
英語で伝える最大のメリットだと
私は思います。

ママの気持ちも和らぐ褒め言葉

英語で子どもたちに褒め言葉を伝えることは、
子どもたちもhappyになりますが、
それだけではなく、
伝えたママも満たされた気持ちになります。

英語の褒め言葉の声掛けを繰り返すことで、
私自身も救われました。
結果だけにこだわりすぎず、
過程を大事に、
時には自分を認めてあげようと。

「できた」ことだけを褒めるのではない、
と気づきを与えてくれたのは、
英語の褒め言葉でした。

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
yumi
yumi
家族:年長息子(さーくん)、年少息子(せーくん)、ダンナさんの4人家族
親子にとって大切なコミュニケーションをアットホーム留学を通じて楽しく学んでます!
CTA画像