2020年英語教育が大きく変わりまます!
最近の新しいニュースでも、英語教育改革について取り上げられていますね。
受験対策、英語教育対策、就活対策・・
どんな英語のテスト勉強を強化すればいいのだろう?

って不安になった方がほとんどではないかと思います。

では、どんな風に変わるんでしょうか…。

1. 小学3年生から英語が外国語活動として導入されます。

授業では歌やリズム、クイズなどを通して
英語の音声に慣れ親しみ、挨拶や身の周りのことをテーマにした簡単な質問などのやり取りを通してコミュニケーション力を養います。

こうした体験のなかで「聞く力」「話す力」を養い、高学年の英語学習へつなげていきます。

これだけを見ると、
「確かにコミュニケーションは大切!」
なんて思うかもしれません。

しかし、よく考えてください!
小学3年生からの英語が基礎となります。
高学年の英語学習につながります!
小学5年生からは英語が成績に入ります。

よーく考えて見てください!
小学3年生から学ぶ英語の基礎が
どれだけ大切か!
英語って楽しいなぁと思えたお子さん。
いやちょっと難しいなぁ
苦手意識を感じたお子さん。

まだまだ、英語教育の改革は続きます!
では、これからどんな準備をしたらいいでしょうか?

それは、子どもたちが「なぜ英語をやるか」
「英語が身近に自然に存在する環」
と子ども達が理解し環境を作ることです。
この「両方」土台になってきます。自分には夢がある。その夢を広げるには英語があったら世界が広がる!

こういうことを一緒に探し出せるのも
アットホーム留学です☆

同じものを上に積み重ねても
土台がしっかりしてるかしてないかで
将来が変わります。

英検、TOEIC、TOEFL対策そのものは
土台にはなりません。

英語教育が激変しても、土台を固めるのに
絶対的に必要なのは
「家庭」です。

アットホーム留学は
この「土台」作りを
何より大事にしています。

変化に耐えうる土台は
早くから作っておいた方が
定着しますよ!

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
hohochan
hohochan
家族:
助産師として子育て支援を行う中、アットホーム留学でキラキラ輝くママと子ども達に出会い感動! 親子さんに寄り添い、楽しくアットホーム留学の魅力を伝えていきます♬︎♡
CTA画像