2020年度から学習指導要領の改訂により、
外国語=英語が小学校5・6年生で教科化、3・4年生で外国語活動が全面実施されますね。

 

こんにちは。
アットホーム留学パフォーマー
あいはらえいこです。

小学校で英語が教科になる

我が家は小学6年の女の子と、小学4年の双子の男の子がいます。
現在、学習指導要領移行期ドンピシャの世代です。

 

今年はじめに、今後の外国語の学習イメージや内容、スケジュールに関するパンフレットが配られました。

それによると、この改訂の一番の目的は、

「英語を使って自分の考えや気持ちを伝えようとする子に」育てること。

 

では具体的に、親にできることは何なのでしょうか。

パンフレットには、

「保護者の皆さんにお願いしたいこと」
という項目がありました。

 

“お子さんが英語を使おうとしていたらほめてあげてください。”

“お子さんと一緒に外国語活動の教材を見て、ご家庭でも話題にしてみてください。”

 

おうちで、親子で、英語を使ってみようということです。

それが、子ども達の英語学習の大きな助になるというのです。

 

ハードルが高いでしょうか。

毎日忙しくて、子どもとの英語の時間なんて取れない!と感じますか?

 

我が家もしかり、でした。

親が忙しい、もさることながら、子ども達も結構忙しい。
授業数が増える高学年になると、帰宅後の時間は限られています。
習い事や自主学習、友達とだってあそびたい・・・

 

そんな中、英語の時間を取るのは無理!?

 

そんな方にオススメしたいのが、

スマホたった1本で、親子で楽しく身になる英会話が継続できるようになる
「アットホーム留学つうしんこうざ」です。

日々の親子の会話で、英語に親しむ

普段、生活の中で「会話」がない日は無いでしょう。

どのご家庭も、日々会話してコミュニケートしていると思います。

 

その普段の親子の会話の中に

英語を取り入れていくという方法です!

 

アットホーム留学つうしんこうざは、パソコンを立ち上げる必要もなく、スマホを使って手元でテキストも動画もチェックできます。

 

毎月とどくフレーズは、毎日の生活の中で無理なく取り入れられる英語ばかりです。

 

ぜひ一度「つうしんこうざ」をお手にとって、親子英会話をしてみてください。
普段から親子で英語に親しむことで、お子さんの英語に対する興味関心の芽を育てていくことができるでしょう。

 

今なら
「令和元年おめでとうキャンペーン! 入学月コンテンツ無料&入学金無料!」
詳しくはこちら
CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
あいはら えいこ
あいはら えいこ
家族:専業主婦の私、中1長女茶々、小5双子男子と夫の5人家族
よく笑い、よく泣き、よく食べる東海地方在住のアットホーム留学生です
CTA画像