熱いから気をつけてね!
Be careful! It’s very hot!

 

【発音のワンポイント】

これこそイントネーションが
非常に大事なものになってきます。

carefulとveryに
アクセントをつけましょう。

hotにアクセントのイメージかも
しれませんが

日本語でも「超」熱い、と
「超」にアクセントですね。

同じだと思ってください。


音声はこちら

 

【感性のワンポイント】

熱さも、「体感しないとわからない」
言いますが、

飲んだり食べたりする前に、
「熱いかもしれない」と意識して
食すのはまた違いますね。

大人でも結構、

前もって伝えてもらえると
ありがたいときも
あります。

普通に1回、伝える程度で
大丈夫だと思います。

熱いものは熱いうちに、
冷たいものは冷たいうちに

食べることができる習慣を
つけていきたいですね。

ワンランク上で行くと
「熱い」と決めつけるのではなく

「熱いかもしれないから・・」と
言いかえることもできます。

Be careful! It might be very hot.
こちらも是非使ってみてください。

そうすることで、
熱いか熱くないかの判断は、
相手側となります。

 

【発音してみましょう】

熱いから気をつけてね!
Be careful! It’s very hot!

3回繰り返してくださいね。

子供が小さいときなどは、
ジェスチャーがあっても
いいと思います。

顔の表情も付けてみてくださいね。

 

Vol.178は「サラダ食べる?」を
学んでみましょう。
お楽しみに。

CTA画像

Writer

この記事のライター
事務局
家族:アットホーム留学ファミリー
親子の英会話で子どもたちの未来に必要な英語力が身につく! 今までになかった英語楽習「アットホーム留学」
CTA画像