子どもを産んでママになって、ご自分の夢を描いたことありますか?
私は結婚して仕事を辞めてから、子どもを産んでから、自分自身の夢を描いたことはありませんでした。

しかし!ママだって夢も持ってもいいじゃない!!
先日、子どもの発想力と会話力を育てる、ママのための親子英会話メディアサイトであるこの「mamash」の記事を書いているパフォーマーたちは『夢発表』を行いました。

私に夢なんて描けない!

10月のある日、アットホーム留学プロデューサーサンシャインマキ先生(以下、マキ先生)が、こう言いました。

「みなさんの夢はなんですか?」「来月、夢発表をします!」

正直私は固まっていました。なぜなら、もう10年以上夢なんて描いたことはなかったし、自分自身の夢なんて全く思い浮かばなかったからです。

できれば夢発表には参加したくない。
できればみんなのを聞くだけにしたい。
そんなモヤモヤした思いでマキ先生を見つめていました。

私が『夢』と言って真っ先に思い付いたことは、
子どもたちが自律できる力を持ってほしい。
子どもたちが自分の夢を持ち、それを叶えてほしい。
夫が自分の夢を叶えてほしい。

しかし、これは確かな私の願いではあっても、夢ではありませんでした。
なぜなら、自分がどんなに動いても叶えられるものではないからです。

そして、私は気づきました。
子どもに夢を持って、それを叶えてほしいと願っているのに、
私自身は夢を持っていないということを

そして私は、自分自身の夢を描くことを決めました。

どうやって大きな夢を描くの?

今の自分だったら叶う夢ではなく、
今の自分が少し背伸びして叶う、大きな夢を描いてみよう

全く意味がわかりませんでした。
まず大きな夢がわからなかったし、どうしたらその夢に辿り着けるのかも全くわかりませんでした。

そこでマキ先生やアットホーム留学ティーチャーのかさいゆう子先生から、いくつか夢を描くヒントをいただきました。
「100万円を手にしたらどうする?」
「持っていた100万円を全部失ったらどうする?」
「お金も時間も自由だったら何がしたい?」
「今の自分と差があるけれど、絶対になりたい自分、絶対になりたくない自分を考えて、その差を埋めていこう!」

 

自分と向き合うことは決して楽なことではありませんでした。
今まで凝り固まっていた頭と心を自由にして、自分は何がしたいのか、何ができるのか、本当に自分自身がワクワクできることは何なのかを考えました。

時にはノートに向かいながら、
時には夕飯を作りながら、
時には子どもを迎えに行きながら、
限られた時間の中でとにかく自分と向き合ってみました。

そして、格闘すること1ヶ月、自分のワクワクする夢を描くことができました
さらには、その先に自分がやりたいことも見つけることができました。

夢発表しました!

発表の2日前に出欠確認がありました。
夢を描くことはできたのに、実はまだみんなの前で発表したくないという気持ちがくすぶっていました。

夢を発表するのにどんな意味があるのだろう。
この期に及んで、まだそんなことを考えていました。

どんどん参加を表明する仲間を横目に、一晩考えてしまいました。
そして発表前日の朝、やはり描いた夢はみんなに発表しよう!と意を決して参加の連絡をしました。

 

 

ママたちが夢を発表する様子

当日の夢発表の場は、もう言葉にならないくらい感動が溢れた最高の場となりました。
参加した人数はなんと40人!
みんな緊張していたとは思いますが、熱い想いが溢れ、発表する姿はかっこいい!その一言に尽きました。

自分の夢を公言することは簡単なことではありません。
それでも、このママのための親子英会話メディアサイト「mamash」の記事を書いているパフォーマー40人は自分自身の夢を発表しました。

どうしてそれができたのか。
それは、ここが誰の夢も笑わない、否定しない、安心で安全な場所だからです。
そして、お互いがお互いの夢を本気で応援している場所だからです。

参加した方の感想も少し紹介します。

自分の思いを口に出して伝えるだけで、ささいなことも吹っ飛びました!
私にも、そういえばまだこんなことしたいって思っていることがあった!
ということにも気がつけました。

皆さんの刺激を受け、新たな夢が追加しました。
今の夢から派生するものなので、同時に叶えられるよう一歩一歩前進していきたいと思います。

私には思いつかない壮大な夢に圧倒されたり、一緒に楽しい気持ちになったり、共感したり、はっとさせられたり、笑ったりと色んな感情が溢れ出した時間でした。
皆さんかっこよすぎです。この機会がなければ、日々に流されて何がしたいのか考えることもなかったでしょう。

 

どの夢も掘り下げていくと全て子どもや家族につながっており大きな愛を感じました。
自分自身の夢を描き切り、発表したママたちからはとてつもないエネルギーが放たれ、最後には全員が自信に満ちた表情になっていました。

夢発表して気づいたこと

最初は夢なんて描けないと思っていました。
さらには、夢をみんなの前で発表するなんてどんな意味があるんだろうと思っていました。

でも発表してみてわかりました。
夢は描いただけはなく、発表することにも大きな意味があるということが。

描いた夢をみんなの前で口に出すと、より叶えたい思いが強くなるんです。
そしてみんなの前で発表することで、もうすでに夢への一歩を踏み出しているような気持ちになります。

何より今回発表を聞いて、みんなの夢を応援したい!と心から思いました。どの方の夢も素敵で、ぜひ叶えてほしいと思うものばかりでした。
私がこのように思うということは、きっと他の方達も同じような気持ちになったのだと思います。

自分の夢が誰かに応援されているなんて、こんなに心強いことはないですよね。

さらにはこの人の夢、自分の夢に加えたい!そんな想いも溢れました。
夢は描いたものが完成形ではなく、付け足しても描き変えてもいいんだということに気づきました。

今の幸せが大事で、不満もそんなにないから、今のままでいいと思っていましたが、夢を描き発表したことで私の気持ちは大きく変化しました。

もちろん今の幸せをずっと守っていきながら、このmamashの記事を書いているパフォーマーたちは自分自身の夢も叶えています!

ママだって夢を持ってもいいじゃない!!
子どもに背中を見せられるママたちは本当にかっこいいと実感しました。

おわりに

この夢発表をしたママたちは、全員がアットホーム留学のしつもん力セミナーアイデア力セミナーで親子の会話を学びました。
そして、現在もアットホーム留学タウンで、日々、子どもや自分自身と向き合っているママたちです。

子どもに背中を見せられるママになりたい!と思った方は一度アットホーム留学タウンをぜひ覗いてみてください。

CTA画像

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
あらい きょうこ
あらい きょうこ
家族:長男(かい)5年生、長女(あゆ)3年生、次女(めぐ)1年生、夫(単身赴任中)の5人家族
アットホーム留学に出会って、日常に英語が増えました!3人兄妹と毎日楽しく(英)会話中!!
CTA画像