2020年から英語教育改革が移行期ではなく実施の年になります。

みなさん英語教育改革はご存知ですか?
3年生から外国語活動が始まって、5年生から外国語が科目になり成績がつきます。
では外国語の授業は何時間になるかご存知ですか?
英語教育はどこへ向かっているかご存知ですか?

4月から3年生と5年生の子どもを持つ母として少し調べてみました。

子どもたちの授業を見て感じたことを交えつつ、3年生までに絶対に身につけておきたい力についてお伝えしたいと思います。

英語教育改革、外国語の授業は何時間になるの?

1学年 2学年 3学年 4学年 5学年 6学年
国語 306 315 245 245 175 175
社会 70 90 100 105
算数 136 175 175 175 175 175
理科 90 105 105 105
生活 102 105
音楽 68 70 60 60 50 50
図画工作 68 70 60 60 50 50
体育 102 105 105 105 90 90
外国語活動 35 35
外国語 70 70

※この表の授業時数の1単位時間は45分とする
文部科学省HP参照

この表は2020年度からの各教科の授業時間数です。
3年生では外国語活動の時間として35時間、
5年生では外国語として成績がつくようになり、70時間となります。

他の教科と比べて見てください。
多いと思いますか?少ないと思いますか?
私は決して多くはないと思います。

外国語の授業時間数が多くないと思う理由

英語教育改革で、各学年の外国語の授業の目標は次のようになっています。

3〜4年生の外国語活動:
「聞く力」「話す力」を養い、英語に慣れ親しむことを目標としています。

5〜6年生の外国語:
「聞く」「話す」だけでなく「読む」「書く」にも取り組み、英語での実践的なやり取りを行います。

小学校を卒業するまでに:
「聞く力」「話す力」「読む力」「書く力」の4技能を使って自分の考えや気持ちを伝え合い、小学校の授業の中でコミュニケーションの基礎を身につけることを目標にしています。

中学校での英語の授業:
2021年度から、中学校の英語授業はオールイングリッシュで行われます!

このように書くと、3〜4年生で聞く力・話す力を育て、5〜6年生で自分の考えや気持ちが伝えられうようになる!

そして中学校では英語の授業は英語で行われ、ディスカッションもできるようになる!

なんて素晴らしい!!と思いませんか?

私は、学校での英語教育が文字通り進められたら、子どもたちは中学を卒業する頃には英語が自由自在に使えるようになるのだと思ってしまいました。

しかし、ふと我に返って考えました。
3〜4年生では週0〜1時間、5〜6年生では週2時間。
これで中学校へ行って英語の授業を英語で受けられるようになるでしょうか?

私は少し不安になってしまいました。

小学校ではどんな内容の授業をするの?

私は長男が3年生の時(昨年度)と長女が2年生の時(今年度)の外国語活動を授業参観で観たことがあります。

(我が子の小学校では1年生から外国語に親しむために外国語活動の時間があります。)

先生や地域・小学校によっても異なると思いますが、少しご紹介します。

小学3年生の外国語活動の授業

長男のクラスでは、歌とリズムを使いながら
「What’s this? What’s this? What’s this?」
「It’s an apple! It’s a orange! It’s a banana!」
とカードを指しながら答えていく授業をしていました。

テンポとリズムを大切にしているという印象を受けました。
この日は食べ物のカードを20枚程使用していました。

最後は2人1組になって、同じカードを使い、
「What’s this? What’s this? What’s this?」
「It’s a 〇〇! It’s a 〇〇! It’s a 〇〇!」
と質問する人と答える人を交換しながら行っていました。

小学2年生の外国語活動の授業

長女のクラスでは、海の中の生き物をテーマにその日の授業は行われていました。

先生が海の生き物を描いた大きなカードを見せて、「What’s this?」と聞くと、
子どもたちは「It’s a dolphin!」と答えました。
次々に色々な動物のカードを見せて行き、全部で8枚のカードがありました。

最後に4人程のグループで同じカードを使って、先生が言う海の生き物の名前を聞いてカードを取ると言うカルタ遊びをしていました。

この日が初めて海の中の生き物をテーマにした日にも関わらず、クラスのほとんどの子ども達が最初から英語で生き物の名前を答えられていたことに驚きました。

 

どちらのクラスも英語を楽しんでいる雰囲気がありました。
しかし、2年生と3年生の授業の様子では明らかに違うことがありました。

クラスのメンバーも先生も違うので安易に比べてはいけないと思うのですが、
3年生の方がつまらなそうにしている子が圧倒的に多かったのです。

 

3年生までに絶対に必要な力はこれ!

外国語活動の授業が始まるまでに絶対に必要な力、
それは「英語を好き」という気持ちを持つことだと思います。

なんだそんなことか!と思われたかもしれませんが、実はとても大事なことだと思います。

「英語が好き!楽しい!」という気持ちを持っていれば、授業も楽しめますし、自ら学ぶ意欲も湧きます。

しかし、「英語が嫌い!苦手!無理!!」と思っていると、主体的に授業を受けることができないと思うのです。

そして一度「嫌い!苦手!」と思ってしまうと、そこから「好き」という気持ちにに持っていくまでには時間がかかってしまいます。

子どもの「英語が好き!」という気持ちを育てる方法

我が家では2年前からおうちで英語の環境を少しずつ作ってきました。

子どもとの会話に少しずつ英語を取り入れています。
まずはじめに行ったことは子どもを褒めるときに英語を使うことです。
「Good job!」「Wonderful!」「I’m proud of you!」などなど。

そして毎日伝えていた「大好きだよ」と言う言葉は、「I love you!大好きだよ」に変えました。

そのようなことからスタートした我が家ですが、今では少し長い文章も使っています。
「Can you close the curtains please?」
「What time do you take a bath?」
「What do you think?」
「Why do you think so?」
「It’s up to you!」

初めはこれらの英語の前後に日本語をつけていましたが、今では英語だけでも子どもたちは分かるようになりました。

子どもたちから返ってくる言葉は日本語がほとんどです。
しかし、食卓では「Pass me a 〇〇 please!」
学校へ行くときは「Have a nice day!」
寝る時は「Good night!Have a good dream!」
このような言葉は日常になっています。

我が家の子どもたちは一度も「英語をやめて!」と言ったことがありません。
それには理由があります。

強制的に子どもに英語を言わせることはしていません。
そして何より私自身が一番楽しんで英語を使っています。

そもそも私はそんなに英語ができませんが、
子どもを怒ったり、説明をしたりするときには英語は使っていません。

長男は自分は英語が得意だと思っていて、5年生からの授業を楽しみにしています。
長女も「英語大好き!」と言っています。

長男も長女も決して英語ができるわけではありません。
ペラペラ喋れる訳ではないし、スラスラ読める訳でもありません。
でも彼らの中には「英語が好き!楽しい!」と言う根っこがあります。

草花は、根っこがなければ、芽も出ないし花も咲きません。
英語で自分の意見が言える、相手の意見が聞けるという花を咲かすには、英語が好き!楽しい!と言う太い根っこがなければならないと私は思っています。

壮大な英語教育改革だからこそ、授業で外国語が始まる3年生までに英語が好き!と言う気持ちを子どもの中に育てることは一番大切だと思うのです。

おうちで始めるプチ英会話がもし気になった方は下の「親子英会話がバッチリわかる
小冊子」の無料プレゼントをぜひ受け取ってくださいね!

CTA画像

Comments

    • コメントありがとうございます!
      家族で「英語が楽しい!」ってなると、
      もっと楽しくなりますよね。

  1. うちの子が春からちょうど3年生になります。英語の授業を楽しみにしています。親の私はどんな内容をするのかまだわからないので、ドキドキです。楽しみでもあり、不安もあります。
    英語が好き、楽しい!と思える根っこを太くするために、毎日一言でも二言でもよいから、英語のシャワーをかけていこうと思いました。

    • コメントありがとうございます。我が家も親のドキドキを余所に、子どもたちは4月からの英語の授業が待ち遠しくてたまらないそう。毎日一言でも二言でもよりから、積み重ねていきたいですね!

  2. 3年生の方がつまらなそう、これは高学年に上がれば上がるほど、でしょうし、成績や点数がついたらなおのこと、ですね。楽しい!好き!という気持ちを育むのはとっても大事だと思います!素敵な記事です。

    • コメントありがとうございます。徐々に反抗期(自己主張期)に入って行くこともあり、楽しい!好き!という気持ちを出してもいいんだよって言ってあげることも大切なのかもしれませんね。

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Writer

この記事のライター
あらい きょうこ
あらい きょうこ
家族:長男(かい)5年生、長女(あゆ)3年生、次女(めぐ)1年生、夫(単身赴任中)の5人家族
アットホーム留学に出会って、日常に英語が増えました!3人兄妹と毎日楽しく(英)会話中!!
CTA画像